公益財団法人日本国際フォーラム

当フォーラムは、めまぐるしく変化する国際情勢のなかで、とくに注目すべき時局的なテーマに関連して、精選された高度の情報を収集することを目的として、月例の「国際政経懇話会」および「外交円卓懇談会」を組織し、情報収集活動を行っている。

国際政経懇話会

国際政経懇話会は、毎月1回定例的に、国際情勢の機微に精通した専門家あるいは権威者を講師に迎えて開催している。時局を中心とした外交・国際問題について、インフォーマルかつコンフィデンシャルな懇談を行っている。

当初は「外交事情懇話会」として12回(1987年6月~1988年6月)、その後「国際政経懇話会」として297回(1988年7月~2017年6月)開催されている。なお、第68回(1994年11月)よりグローバル・フォーラム(GFJ)との二者共催で、また第164回(2004年6月23日)より東アジア共同体評議会(CEAC)との 三者共催で、それぞれ実施されている。従来は朝食会であったが、第185回(2006年7月11日)よりは昼食会として開催している。

各会合の議論の概要は、講師の了解を得て、「メモ」にとりまとめ、『会報』、当フォーラムのホームページ、メルマガ等を通して一般市民にも広く公開している。

【最近の活動実績(開催日、講師、演題、メモ)】

2021年

11月30日 高瀬 淳一 名古屋外国語大学教授

「国際秩序変動にみるサミットの今日的意義:G7はD11を目指すべきか?」

9月13日 落合 陽一 メディアアーティスト 「計算機自然と持続可能性」
7月29日 松本 佐保 日本大学国際関係学部教授 「アメリカ人権外交を読み解く」
6月14日 大西 康雄 科学技術振興機構特任フェロー 「習近平“新時代”の中国経済」
5月31日 廣瀬 陽子 JFIR上席研究員/慶應義塾大学教授 「ハイブリッド戦争:ロシア外交の最前線を読み解く」
4月19日 古閑 比斗志 ふかやクリニック院長 「ウイルスと外交」
3月29日 松原 仁 東京大学教授 「人間は進歩した人工知能とどう付き合っていくべきか」
3月10日 岡本 隆司 京都府立大学教授 「東アジアの論理:歴史からみた大陸・半島政権」
2月26日 伊藤さゆり ニッセイ基礎研究所研究理事 「ポスト・コロナのEU」
2月15日 土屋 大洋 慶應義塾大学総合政策学部長・教授

「サイバーグレートゲーム:サイバーセキュリティの地政学と地経学」

1月13日 兒玉 和夫 前欧州連合日本政府代表部大使 「欧州連合日本政府代表部大使の任を終えて」

2020年

12月23日 伊藤 融 防衛大学校准教授 「インドの行動原理と日本の対応」
11月26日 中山 俊宏 慶応義塾大学教授

「2020年アメリカは何を選んだのか?」

10月29日 岩村 充 早稲田大学教授

「ポストコロナの通貨と財政:拡張付加価値税の提案」

10月8日 御厨 貴 東京大学名誉教授

「安倍政権は政治をどう変えたか:歴史的考察」

9月9日 遠藤 貢 東京大学教授 「アフターコロナ時代のアフリカ」
9月4日 遠藤 乾 北海道大学公共政策大学院長・同法学部教授 「危機とグローバリズムを考える」
8月26日 関 志雄 野村資本市場研究所シニアフェロー 「米中経済摩擦」
7月31日 鈴木 一人 北海道大学教授 「世界の宇宙開発の動向と日本の課題」
6月3日 詫摩 佳代 東京都立大学法学部教授 「『コロナ後』の国際秩序と日本の対応」
2月19日 兼原 信克 前国家安全保障局次長/JFIR上席研究員 「21世紀日本の大戦略」

2019年

12月26日 池内  恵 東京大学先端科学技術研究センター教授 「中東の地政学的変動と各国の戦略」
11月26日 君塚 直隆 関東学院大学教授 「令和時代の皇室と外交」
10月17日 森信 茂樹 中央大学法科大学院特任教授 「消費増税10%時代の日本経済」
9月27日 渡辺 靖 慶應義塾大学教授 「米国の動向とトランプ政権」
7月24日 佐々木 聖子 出入国在留管理庁長官 「外国人の受入れと共生社会の実現」
6月10日 岩下 直行 京都大学公共政策大学院教授 「デジタル経済の行方」
5月23日 加茂 具樹 日本国際フォーラム上席研究員/慶應義塾大学教授 「これからの日中関係:『競争から協調へ』の意味すること」
4月17日 山川 宏 宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事長 「日本の宇宙開発の潮流」
3月27日 岩井克人 経済学者 「通貨の未来:仮想通貨はどこへ向かうのか」
2月18日 吉崎 達彦 双日総合研究所チーフエコノミスト 「2019年の内外経済情勢」
1月22日 田原総一朗 ジャーナリスト 「時代を読む」

2018年

11月28日 岡本 薫明 財務事務次官 「日本の財政の現状と課題」
10月19日 袴田 茂樹 日本国際フォーラム評議員・上席研究員/新潟県立大学教授 「質的に変わる国際情勢と日露関係」
9月12日 兵頭二十八 軍学者 「AI時代の国際政治」
7月20日 鈴木 量博 外務省北米局長 「最近の米国政治経済情勢」
6月21日 香田 洋二 元自衛艦隊司令官 「北朝鮮問題の陰で着々と進む中国の海洋戦略」
5月24日 添谷 芳秀 慶應義塾大学教授/日本国際フォーラム政策委員/グローバル・フォーラム有識者メンバー 「未体験ゾーンに入った東アジア情勢と日本の対応」
4月11日 前田 栄治 日本銀行理事 「国際的な金融経済情勢と金融政策運営」
3月26日 堀本 武功 岐阜女子大学客員教授 「インド太平洋時代の日印関係」
2月21日 長岡 義博 ニューズウィーク日本版編集長 「変わる中国・変わらない日本:日中は和解へ向かうのか」
1月16日 篠田 英朗 東京外国語大学大学院教授 「世界の中の日本の憲法」

2017年

12月19日 山野内勘二 外務省経済局長 「日米経済関係と我が国のFTA戦略」
10月5日 川島  真 東京大学教授 「習近平体制下の対外政策と日中関係」
9月27日 名和 利男 サイバーディフェンス研究所専務理事・上級分析官 「日本のサイバー・セキュリティーの最前線」
7月24日 浦田 秀次郎 早稲田大学大学院教授

「東アジアにおける地域経済統合の現状と課題」

6月12日 上村  司 外務省中東アフリカ局長 「最近の中東情勢について」
5月25日 春名 幹男 ジャーナリスト 「トランプ政権と日本」
4月21日 渡邊 啓貴 東京外国語大学大学院教授 「フランス大統領選挙:混迷の欧州政治」
3月9日 増島  稔 外務省国際協力局審議官 「最近の日本外交における国際協力について」
2月16日 河井 克行 内閣総理大臣補佐官・衆議院議員 「トランプ新政権と日米同盟」
2016年以前の国際政経懇話会

外交円卓懇談会

外交円卓懇談会は、当フォーラムがその姉妹団体である「グローバル・フォーラム」および「東アジア共同体評議会」との三者共催により、開催している。政治・経済・文化・社会等いろいろの分野で世界的に活躍する専門家(海外で活躍する日本人を含む)の来日あるいは帰国の機会をとらえて、意見を交換することを目的として、インフォーマルかつコンフィデンシャルな懇談を行っている。使用言語は英語である。

各会合の議論の概要は、講師の了解を得て、「メモ」にとりまとめ、『会報』、当フォーラムのホームページ、メルマガ等を通して一般市民にも広く公開している。

【最近の活動実績(開催日、講師、演題、メモ)】

2021年

8月26日 キャメロン・ノーブル 在日豪州大使館一等書記官(政務) 「安定的な秩序の形成における豪日関係」
5月21日 張林峰 ZTEコーポレーション副社長 「5G時代は国際社会に何をもたらすのか」
3月17日 ダグラス・パール カーネギー国際平和財団研究員 「バイデン・習近平新時代の台湾」
2月7日 ラム・ペンエ シンガポール国立大学東アジア研究所主席研究員

「不確実性に満ちた東アジアと日本・ASEAN関係の将来」

2020年

12月21日 スティーブン・ナギ 国際基督教大学上級准教授

「パワー・トランジション時代の『新ミドル・パワー』外交」

11月27日 ニコラス・セーチェーニ 米戦略国際問題研究所(CSIS)日本部副部長・上級研究員

「2020年米国の選択とインド太平洋の未来」

11月27日 陳 慶昌 龍谷大学国際学部グローバルスタディーズ学科准教授

「米中覇権競争時代の台湾の未来」

9月11日 趙宏偉 法政大学教授 「歴史からみた現在の中国外交」
2月13日 マイケル・チェイス ランド研究所上級研究員 「中国の戦略的抑止と軍備管理アプローチ」

2019年

12月9日 ジェフリー・ウィルソン パース米国アジアセンター研究部長 「インド太平洋地域の資源安全保障」
11月15日 羅鍾一 韓国国防大学院碩座教授 「日中韓三国協力―日中韓文化共同体の可能性―」
10月18日 ドミトリ・ストレリツォフ モスクワ国際関係大学アジア・アフリカ学部長 「ロシアの政治・社会状況と日ロ関係」
9月9日 トーマス・グラハム キッシンジャーアソシエイツ・マネージング・ディレクター 「拡大する米ロの戦略的競争―日本にとっての含意―」
7月18日 パク・チョルヒ ソウル大学教授 「日本における韓国問題の幻想と現実」
6月27日 ジョン・ウエスト アジアン・センチュリー・インスティテュート代表 「アジアの世紀―チャンスかリスクか―」
5月21日 サンジェイ・クマール・ヴァルマ 駐日インド大使 「デジタル時代の日印関係」
5月13日 チョウ・ウォンギ 韓国国立外交院安全保障研究所ASEANインド研究センター長 「東南アジアに対する韓国の『新南方政策』」
4月8日 ジョン・ハンコック WTO参事官 「WTOの未来―改革への展望―」
3月15日 廉德瑰 上海外国語大学日中韓協力研究センター所長 「日中関係の未来について」
2月14日 ジェームズ・ショフ カーネギー国際平和財団上級研究員 「米国のアジア安全保障政策とトランプ外交」
1月18日 ケント・カルダー ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院副学長 「ワシントンの中のアジア–January, 2019–」

2018年

11月7日 金在信 韓国国立外交院日本研究所顧問 「日韓関係の現状をどうみるか」
10月25日 賈 晋京 中国人民大学重陽金融研究院院長補佐 「一帯一路構想の現状と将来の展望」
9月12日 タン・スリ・ラスタム・モハマド・イサ マレーシア戦略国際問題研究所会長 「ASEANと地域秩序」
7月12日 陳昌洙 韓国世宗研究所日本研究センター長 「米朝首脳会談以後の北東アジアの秩序」
6月12日 ヨアキム・フォン・アムスベルク アジアインフラ投資銀行副総裁 「AIIBの現状と将来の展望」
5月29日 マイク・モチヅキ ジョージ・ワシントン大学教授 「変容する日米中トライアングルの行方」
4月18日 ミレヤ・ソリース ブルッキングス研究所東アジア政策研究センター共同所長 「進化するアジア太平洋経済秩序とTPPの未来」
3月30日 文正仁 韓国大統領外交安保特別補佐官 「北朝鮮核危機と文在寅政権」
2月26日 ミラ・ラップ=フーパー イェール大学法科大学院上級研究員 「中国が志向する国際秩序:その本質と影響」
1月29日 ピーター・ドライスデール オーストラリア国立大学名誉教授 「グローバル通商レジームへの脅威とアジア」

2017年

11月30日 ナジーブ・エルカシュ リサーラ・メディア代表 「中東情勢をどうみるか」
11月6日 ユアン・ミルチャ・パシュク 欧州議会副議長 「パワー・トランジション時代のEU」
9月21日 トーマス・マンケン 米国戦略予算評価研究所理事長 「米国の防衛戦略」
7月10日 秦亜青、栄鷹 中国外交学院院長、中国国際問題研究院副院長 「中国の大国外交」
6月21日 高永喆 元韓国国防省北朝鮮分析官・拓殖大学客員研究員 「朝鮮半島情勢の現状をどうみるか」
5月19日 ビラハリ・カウシカン シンガポール外務省無任所大使 「トランプとアジア:混迷する世界秩序におけるアジアの安定に向けて」
4月6日 ディビット・ゴールドフィッシャー 米国デンバー大学准教授 「トランプ政権の外交政策と国際秩序」
3月10日 ジョバンニ・ガネリ 国際通貨基金アジア太平洋地域事務所次長 「アベノミクス:成果と展望」
2月22日 金永明 上海社会科学院中国海洋戦略研究センター主任 「中国からみた東アジアの海洋問題」
1月30日 ラインハルト・ドリフテ 英国ニューカッスル大学名誉教授 「欧州からみた日中関係」
2016年以前の外交円卓懇話会