公益財団法人日本国際フォーラム

夏期休暇のお知らせ
事務局は2022年8月9日から2022年8月16日まで休暇をとらせていただきます。つきましては、
その間e-論壇「百花斉放」の掲載作業を含め、事務局業務はお休みとさせて頂きますので、ご了承をお願い致します。

多元的グローバリズム時代の
日本と世界 2020-2023

現在リモートワークを実施しておりますので、お問合せは、電話ではなく「お問合せ」欄よりご連絡ください。

最新のコメンタリー

e-論壇百花斉放

JFIR主催 / GFJ連携 / CEAC連携 / WSD後援


(連載2)安倍銃撃事件に誰が引責するのか

 もちろん、現代においては職務の過失に関して命と引き換えに責任を取るということは有り得ない。今日、切腹に代るのは引責辞任である。職務の不手際を超えて、深刻な不祥事の場合、辞任が許されず解任となる場合もある。これは昔の処刑にあたるのだろうか。今回問題となるのは、しかるべき責任者たちの引責辞任である。直接現場に近い、重責を負う警備関係者の発言を簡単に追ってみる。奈良県警本部長は、報道を見ていても、事件

袴田 茂樹

JFIR評議員/安全保障問題研究会会長/青山学院大学名誉教授

電力逼迫、一層求められる国の関与

 去る3月16日に東北地方を震度5強の地震が襲った。福島県にある広野、原町など12基の火力発電所が停止に追い込まれ、東北電力管内で15万戸、東京電力管内で200万戸が停電した。また6月30日には同様に、福島の勿来火力発電所が設備トラブルにより停止し、東電管内の電力需給逼迫が想定されたため、使用制限が要請された。電力で思い出すのが、東日本大震災の直後実施された計画停電である。原発事故の影響も懸念され

船田 元

衆議院議員

防衛費増額問題にみる危うい考え

 「麻生太郎・自民党副総裁が4日、千葉県市川市内での街頭演説で、安全保障問題をめぐって『弱い子がいじめられる。強いやつはいじめられないんだ』と発言した。いじめによる自殺で一人娘を亡くし、いじめ問題に取り組むNPO法人『ジェントルハートプロジェクト』理事の小森美登里さんは『人権意識のない人間は国会議員になってはだめだ』と批判する。違いを認め合うこと、多様性が大切だといわれているのに、強い/弱いという

伊藤 洋

山梨大学名誉教授

(連載2)安倍元総理の国葬と国民の選択

 かつて、ハワイに所在する米軍はアジア太平洋司令部と称されていましたが、今や「インド太平洋総司令部」です。これは、日本の提唱した「自由で開かれたインド太平洋」戦略を米国が採用した結果です。今や、安倍総理が提唱した「自由で開かれたインド太平洋」は、英仏独といった欧州主要国や東南アジア諸国にも浸透している世界的アジェンダです。「インド太平洋」アジェンダは、英仏独のみならずEUの主要戦略となっています。

松川 るい

参議院議員

「プガチョフのコブラ」について

 去る7月7日付けの拙稿『(連載1) イギリスはインドを西側に引き込めるか』の第4段落に記した「プガチョフのコブラ」について、どのような飛行運動なのかを文字で説明することは非常に難しいので、以下に図を示したい。     出典:Wikipedeia, Cobra maneuver    この飛行運動は正式には「コブラ・マニューバ」と呼ばれ、スホイ設計局テス

河村 洋

外交評論家

日本の民主主義の強靭性

 選挙遊説中の安倍晋三元首相が殺害されるという、民主主義に対する重大な挑戦を日本社会は見事乗り切ったと言えるだろう。殺害事件のあった当日こそ遊説活動を中止した政党も翌日には再開した。投票率は52.05%(選挙区選)と決して高くはないが、前回を上回った。女性当選者は35人で過去最多だという。何より大きいのは、事件の衝撃の中でも投開票が混乱なく進められたことである。選挙翌日の日経新聞社説が説いているよ

高橋 慶吉

大学教員

最近の活動報告

サムネイル画像

2022年7月26日

「『自由で開かれたインド太平洋』時代のチャイナ・リスクとチャイナ・オポチュニティ」研究会 欧州班 第2回定例研究会合
「NATO 首脳会合と戦略概念の評価・報告」をテーマに、鶴岡班長代理、岩間アドバイザー、合力、田中両メンバーの報告等がなされました。

バックナンバー

日本国際フォーラム ( JFIR ) とは

日本国際フォーラムは、市民社会の側から、つまり民間・非営利・独立・超党派の立場から、会員および市民の参加を得て、外交・国際問題について研究・討論・交流・提言等の活動を促し、もって内外の世論の啓発に努めることを目的としますが、それ自体が組織として特定の政策上の立場を支持し、もしくは排斥することはありません。

特定の提言の内容について責任を有するのは、あくまでもその提言に署名した者に限られます。日本国際フォーラムは、1987年3月に財団法人として設立されましたが、2011年4月以降は、内閣総理大臣からその活動の公益性を認められて、公益財団法人に移行しました。