投稿日         最近の投稿テーマ     投稿者       職 業  
11/15 北方領土と日ロ平和条約締結問題 橋本 宏
11/15 危うい歯舞、色丹の「2島先行返還論」 杉浦 正章
11/14 ヨーロッパの良識のピンチ 船田 元
11/13 シエラレオネについて考える 篠田 英朗
11/12 日本の海洋安保プレゼンスに評価 鍋嶋 敬三
11/08 (連載2)プーチン氏の平和条約提言の問題点 袴田 茂樹
11/08 トランプが直面する「決められない政治」 杉浦 正章
11/07 (連載1)プーチン氏の平和条約提言の問題点 袴田 茂樹
11/06 香港「一国二制度」は終焉間近か 四方 立夫
11/05 危機に直面する自由貿易体制 船田 元
11/02 アメリカでの奨学金削減と中国の留学生誘致 古村 治彦
11/01 日中 「第三国でのインフラ開発協力」は経済原則に則って 四方 立夫
10/31 新聞の社会的役割が終わる日 中村 仁
10/30 中国の対日大接近は「強国路線」の一環 杉浦 正章
10/29 日本主導のTPPがイギリスの危機を救う 赤峰 和彦

当フォーラムが発信した調査、研究、提言などに対するご感想をお寄せ下さい。
皆様の自由な意見交換を通じて、相互啓発とより高い次元への議論の発展を図りたいと考えております。
左上のボタンをクリックして、是非「百花斉放」にご参加下さい。
ファックス、メール、郵便などによる投稿も受け付けます。→

無料配信

購読ご希望の方は、E-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押して下さい。 

最近の活動報告
バックナンバーはこちら



袴田茂樹日本国際フォーラム評議員・上席研究員/新潟県立大学教授

質的に変わる国際情勢と日露関係

さる2018年10月19日、当フォーラムは、 袴田茂樹日本国際フォーラム評議員・上席研究員/新潟県立大学教授を講師に迎え、第307回国際政経懇話会を開催した。
 ロシアのウラジオストクで今年9月に開催された「東方経済フォーラム」において、プーチン露大統領は、安倍晋三首相や中国の習近平国家主席らを前に突然、前提条件なしでの日露平和条約の年内締結を提...more

兵頭二十八 軍学者

AI時代の国際政治

さる2018年9月12日、当フォーラムは、軍学者の兵頭二十八氏を講師に迎え、第306回国際政経懇話会を開催した。
 在、AI分野では、米国が圧倒的に世界をリードしていて、中国が必死に追随せんと図っているところ。またロシアも、プーチン大統領が「ロボット同士の戦いを制する者が戦争の勝利者になる」と語るなど...more

タン・スリ・ラスタム・モハマド・イサ・マレーシア戦略国際問題研究所会長

ASEANと地域秩序

さる2018年9月11日、当フォーラムは、タン・スリ・ラスタム・モハマド・イサ・マレーシア戦略国際問題研究所会長を講師に迎え、第147回外交円卓懇談会を開催した。
 ASEANは、東南アジア10か国からなる地域共同体であり、過去十数年の間に著しい経済発展を遂げ、今後更なる成長も期待されている。その一方で、ASEANには組織体制の問題の他、同地域をめぐる大国政治の影響を受けるなど、域内外でそれぞれ課題を抱えている...more

鈴木量博外務省北米局長

最近の米国政治経済情勢

さる2018年7月20日、当フォーラムは、 鈴木量博外務省北米局長を講師に迎え、第305回国際政経懇話会を開催した。
 トランプ政権の性格を考えるにあたり、まずは米国国内で進行している社会的変化を理解する必要がある。近年、米国社会では、貧富の差が拡大しているほか、未婚の母や、中年白人の「絶望死」が急増す...more

陳昌洙 韓国世宗研究所日本研究センター長

米朝首脳会談以後の北東アジアの秩序

さる2018年7月12日、当フォーラムは、陳昌洙・韓国世宗研究所日本研究センター長を講師に迎え、第146回外交円卓懇談会を開催した。
 日本の方々は、韓国政府や韓国世論が今回の米朝首脳会談の結果に対して楽観的であることを不思議に思っておられるようだ。というのも、日本では今回の会談を「ショー」、すなわち演出的要素が強く実質的な成果に乏しいイベントと見る向きが多いためだ...more

香田洋二元自衛艦隊司令官

北朝鮮問題の陰で着々と進む中国の海洋戦略

さる2018年6月21日、当フォーラムは、 香田洋二・元自衛艦隊司令官を講師に迎え、第304回国際政経懇話会を開催した。
 ここ最近、国際社会の関心が北朝鮮問題に集まる中、中国は領海・領土の主張(埋め立てによる人工島造成を含む)を続け、南シナ海の軍事拠点化を着実に進めている。西沙諸島(Paracel Islands)で...more

ヨアキム・フォン・アムスベルク(Joachim von AMSBERG)アジアインフラ投資銀行副総裁

AIIBの現状と将来の展望

さる2018年6月12日、当フォーラムは、ヨアキム・フォン・アムスベルク(Joachim von AMSBERG)アジアインフラ投資銀行副総裁を講師に迎え、第145回外交円卓懇談会を開催した。
 アジアインフラ投資銀行(AIIB)は、アジアのインフラ整備と金融における諸課題に対応するために設立された。東アジアは、経済統合が進展しているとはいえ、まだまだインフラ整備需要の可能性が大きい地域である。アジアでは、1週間...more

マイク・モチヅキ・ジョージ・ワシントン大学教授

変容する日米中トライアングルの行方

さる2018年5月29日、当フォーラムは、マイク・モチヅキ・ジョージ・ワシントン大学教授を講師に迎え、第144回外交円卓懇談会を開催した。
 世界は中国とロシアの(再)台頭で大国間政治が復活している。米国は中国を、米国の価値観に反し覇権国を目指している現行のリベラル国際秩序に対する修正主義者と見なしており、それに対抗するため「自由で開かれたインド太平洋...more

添谷芳秀・慶應義塾大学教授/JFIR政策委員

未体験ゾーンに入った東アジア情勢と日本の対応

さる2018年5月24日、当フォーラムは、 添谷芳秀・慶應義塾大学教授/JFIR政策委員を講師に迎え、第303回国際政経懇話会を開催した。
 金正恩政権下の北朝鮮は、それ以前の政権とは異なる特徴が2つある。第1は、金日成と金正日は、後継者にどのような体制を引き継ぐべきかを第一に考えていたのに対し、金正恩は今後数十年を見据えて...more

新着情報

2018年

11/9new content
第306回国際政経懇話会
「AI時代の国際政治」(兵頭二十八氏講話)(9月12日開催)
掲載
11/5new content
第307回国際政経懇話会
「質的に変わる国際情勢と日露関係」(袴田茂樹氏講話)(10月19日開催)
掲載
11/1
第147回外交円卓懇談会
「ASEANと地域秩序」(タン・スリ・ラスタム・モハマド・イサ氏講話)(9月11日開催)
掲載
10/25
役員・研究員等最新論文
「米中通商戦争と覇権」(坂本正弘上席研究員)
掲載
10/12
第146回外交円卓懇談会
「米朝首脳会談以後の北東アジアの秩序」(陳昌洙氏講話)(7月12日開催)
掲載
10/9
第145回外交円卓懇談会
「AIIBの現状と将来の展望」(ヨアキム・フォン・アムスベルク氏講話)(6月12日開催)
掲載
10/1
公益財団法人日本国際フォーラム会報2018年秋季号 発行
9/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2018年9-10月号/通算第86号) 発行
8/31
JFIR WORLD REVIEW
メディアに紹介さる
8/21
第305回国際政経懇話会
「最近の米国政治経済情勢」(鈴木量博氏講話)(7月20日開催)
掲載
7/20
『メルマガ日本国際フォーラム』2018年7-8月号/通算第85号) 発行
7/9
第304回国際政経懇話会
「北朝鮮問題の陰で着々と進む中国の海洋戦略」(香田洋二氏講話)(6月21日開催)
掲載
7/6
第144回外交円卓懇談会
「変容する日米中トライアングルの行方」(マイク・モチヅキ氏講話)(5月29日開催)
掲載
6/29
公益財団法人日本国際フォーラム 会報2018年夏季号 発行
6/6
『JFIR World Review』とは 掲載
6/6
『JFIR World Review』創刊第1号 特集:今ユーラシアで何が起こっているのか 刊行
5/31
研究プロジェクト「パワー・トランジション時代の日本の総合外交戦略」
概要
掲載
5/30
第303回国際政経懇話会
「未体験ゾーンに入った東アジア情勢と日本の対応」(添谷芳秀氏講話)(5月24日開催)
掲載
5/29
第143回外交円卓懇談会
「進化するアジア太平洋経済秩序とTPPの未来」(ミレヤ・ソリース氏講話)(4月18日開催)
掲載
5/18
『メルマガ日本国際フォーラム』(2018年5-6月号/通算第84号) 発行
5/16
第142回外交円卓懇談会
「北朝鮮核危機と文在寅政権」(文正仁氏講話)(3月30日開催)
掲載
5/11
役員・研究員等最新論文
「リベラル国際秩序を守る気概を」(神谷万丈理事)
掲載
4/23
第302回国際政経懇話会
「国際的な金融経済情勢と金融政策運営」(前田栄治氏講話)(4月11日開催)
掲載
4/12
日米共同政策レポート2018
『かつてない強さ、かつてない難題:安倍・トランプ時代の日米同盟』 発行
3/30
公益財団法人
日本国際フォーラム
会報2018年春季号 発行
3/26
第301回国際政経懇話会
「インド太平洋時代の日印関係」(堀本武功氏講話)(3月26日開催)
掲載
3/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2018年3-4月号/通算第83号) 発行
3/16
第300回国際政経懇話会
「変わる中国・変わらない日本:日中は和解へ向かうのか」(長岡義博氏講話)(2月21日開催)
掲載
3/16
第140回外交円卓懇談会
「グローバル通商レジームへの脅威とアジア」(ピーター・ドライスデール氏講話)(1月29日開催)
掲載
3/15
第299回国際政経懇話会
「世界の中の日本の憲法」(篠田英朗氏講話)(1月16日開催)
掲載
5/14
第141回外交円卓懇談会
「中国が志向する国際秩序:その本質と影響」(ミラ・ラップ=フーパー氏講話)(2月26日開催)
掲載
1/22
第139回外交円卓懇談会
「中東情勢をどうみるか」(ナジーブ・エルカシュ氏講話)(11月30日開催)
掲載
1/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2018年1-2月号/通算第82号) 発行
1/19
第138回外交円卓懇談会
「パワー・トランジション時代のEU」(ユアン・ミルチャ・パシュク氏講話)(11月6日開催)
掲載
1/18
設立30周年記念シンポジウム
「パワー・トランジション時代の日本の総合外交戦略」
報告書
掲載







研究センター便り

  • 12/17 「ユーラシアの国際戦略環境の変化と日本の大国間外交」研究会(渡邊啓貴主査)開催
  • 11/26  「チャイナ・リスクとチャイナ・オポチュニティ」研究会(神谷万丈主査)
  • 10/22 「新段階の日本の海洋戦略」研究会(伊藤剛主査)開催
  • 10/18 「『地経学』時代の日本の経済外交」研究会(河合正弘主査)開催
  • 6/6 『JFIR WORLD REVIEW』創刊記念プレスリリース&報告会 開催
  • ...more

会合開催予定

11/28
 第308回国際政経懇話会
(講師:岡本薫明・財務事務次官)

12/12
 第150回外交円卓懇談会
(講師:ケント・カルダー・ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院副学長)

1/22
 第309回国際政経懇話会
(講師:田原総一朗・ジャーナリスト)

役員・研究員等最新論文
「米中通商戦争と覇権」
(2018年10月25日)
坂本 正弘
日本国際フォーラム上席研究員

 018 年に入って、米中摩擦は、「貿易戦争」といわれる激しい展開である。米国が先に仕...more

バックナンバーはこちら