英文政策レポート日米同盟からみたチャイナ・リスクとチャイナ・オポチュニティ

 

投稿日         最近の投稿テーマ     投稿者       職 業  
11/16 グレタ・トゥンベリ氏が浮き彫りにした環境問題の本質 野井 晶
11/15 「身長5フィートの巨人」が逝く 船田 元
11/13 北方領土観光ツアーの迷走に日露交渉の限界を見る 飯島 一孝
11/12 (連載2)米軍のバグダディ急襲が意味すること 古村 治彦
11/11 (連載1)米軍のバグダディ急襲が意味すること 古村 治彦
11/08 自衛隊を中東海域に派遣することの是非 伊藤 洋
11/07 トランプ外交の「脅威」を憂慮する 鍋嶋 敬三
11/06 (連載2)緒方貞子氏を追悼することの真の意味 篠田 英朗
11/05 (連載1)緒方貞子氏を追悼することの真の意味 篠田 英朗
11/04 見透かされつつあるトランプの交渉パターン 古村 治彦
10/31 アメリカを反面教師としたカナダの選挙結果 岡本 裕明
10/30 (連載2)日本の対イスラム圏外交の可能性 宇田川 敬介
10/29 (連載1)日本の対イスラム圏外交の可能性 宇田川 敬介
10/28 国の競争力向上に何が必要か? 鍋嶋 敬三
10/27 デジタル・ファシズムとアナログ・ファシズム 荒木 和博

当フォーラムが発信した調査、研究、提言などに対するご感想をお寄せ下さい。
皆様の自由な意見交換を通じて、相互啓発とより高い次元への議論の発展を図りたいと考えております。
左上のボタンをクリックして、是非「百花斉放」にご参加下さい。
ファックス、メール、郵便などによる投稿も受け付けます。→

無料配信

購読ご希望の方は、E-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押して下さい。 

最近の活動報告
バックナンバーはこちら



国際政経懇話会のようす

外国人の受入れと共生社会の実現

さる2019年7月24日、当フォーラムは、佐々木聖子出入国在留管理庁長官を講師に迎え、第315回国際政経懇話会を開催した。
 我が国における在留外国人数は,平成21年~24年(リーマンショックの影響を受けた期間)を除いて,全体的に右肩上がりで推移している。昭和60年の外国人登録者数は85万612人であったが,平成30年の在... more

本会合のようす

日本における韓国問題の幻想と現実

さる2019年7月18日、当フォーラムは、パク・チョルヒ・ソウル大学教授を講師に迎え、第157回外交円卓懇談会を開催した。
 「徴用工」の判決に対して日本の一部市民から、韓国は果たして法治国家なのかといった疑義がだされていることは理解している。しかし、韓国からすると、法治国家として三権分立は守られなければならず、司法である大法院が下した判決を覆すことは困難である... more

本会合のようす

アジアの世紀―チャンスかリスクか―

さる2019年6月27日、当フォーラムは、ジョン・ウエスト・アジアン・センチュリー・インスティテュート代表を講師に迎え、第156回外交円卓懇談会を開催した。
 日本からはじまったアジアの経済成長は、過去半世紀以上の間、続いてきた。しかし、この成長が今後も続いていくかどうかは、主に次のような要因があることから保証されていない... more

国際政経懇話会のようす

デジタル経済の行方

さる2019年6月10日、当フォーラムは、岩下直行京都大学公共政策大学院教授を講師に迎え、第314回国際政経懇話会を開催した。
 最近、「FinTech」という言葉が登場する機会が増えたが、これは、「Finance」(金融)と「Technology」(技術)の合成語で、金融サービスと情報技術を結びつけた様々な革新的な動きを指す。2014年に... more

国際政経懇話会のようす

これからの日中関係:「競争から協調へ」の意味すること

さる2019年5月23日、当フォーラムは、加茂具樹日本国際フォーラム上席研究員/慶應義塾大学教授を講師に迎え、第313回国際政経懇話会を開催した。
 現在の日中両国政府は2国間関係の改善と安定化にむけた歩みをはじめた。これを日本は「競争から協調へ。日中両国の関係は、今まさに新たな段階へと移りつつある」(安倍総理大臣)と、中国は「正常な軌... more

本会合のようす

デジタル時代の日印関係

さる2019年5月21日、当フォーラムは、サンジェイ・クマール・ヴァルマ駐日インド大使を講師に迎え、第155回外交円卓懇談会を開催した。
 現在日印間においては、デジタル分野の協力が進展している。両国の繁栄には、持続可能な発展が不可欠であるが、デジタル分野はそれを支える重要な要素である。... more

本会合のようす

東南アジアに対する韓国の「新南方政策」

さる2019年5月13日、当フォーラムは、チョウ・ウォンギ韓国国立外交院安全保障研究所ASEANインド研究センター長を講師に迎え、第154回外交円卓懇談会を開催した。
 文在寅政権にとって最も重要な外交政策は、北朝鮮の非核化を含めた朝鮮半島の和平プロセスであることはいうまでもない。他方でもう一つの重要な外交政策として取り上げられているのが、「新南方政策」と「新北方政策」である。... more

新着情報

2019年

11/14new icon
役員・研究員等最新論文
「米中対立とドルの力 米国発『対中金融制裁』の可能性」(坂本正弘上席研究員)
掲載
11/8
中国での日本人研究者の拘束について
10/18
英文政策レポート
日米同盟からみたチャイナ・リスクとチャイナ・オポチュニティ
掲載
10/4
第157回外交円卓懇談会
「日本における韓国問題の幻想と現実」(パク・チョルヒ氏講話)(7月18日開催)
掲載
10/1
公益財団法人日本国際フォーラム会報2019年10月1日号 発行
9/30
第156回外交円卓懇談会
「アジアの世紀―チャンスかリスクか―」(ジョン・ウエスト氏講話)(6月27日開催)
掲載
9/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2019年9-10月号/通算第92号) 発行
9/5
第315回国際政経懇話会
「外国人の受入れと共生社会の実現」(佐々木聖子氏講話)(7月24日開催)
掲載
7/19
『メルマガ日本国際フォーラム』(2019年7-8月号/通算第91号) 発行
7/1
公益財団法人日本国際フォーラム会報2019年7月1日号 発行
6/20
第155回外交円卓懇談会
「デジタル時代の日印関係」(サンジェイ・クマール・ヴァルマ氏講話)(5月21日開催)
掲載
6/13
第314回国際政経懇話会
「デジタル経済の行方」(岩下直行氏講話)(6月10日開催)
掲載
6/13
第313回国際政経懇話会
「これからの日中関係:『競争から協調へ』の意味すること」(加茂具樹氏講話)(5月23日開催)
掲載
6/13
第312回国際政経懇話会
「日本の宇宙開発の潮流」(山川宏氏講話)(4月17日開催)
掲載
6/10
第154回外交円卓懇談会
「東南アジアに対する韓国の『新南方政策』」(チョウ・ウォンギ氏講話)(5月13日開催)
掲載
6/10
第153回外交円卓懇談会
「WTOの未来―改革への展望―」(ジョン・ハンコック氏講話)(4月8日開催)
掲載
6/4
役員・研究員等最新論文
「緊張高まる米中通商抗争」(坂本正弘上席研究員)
掲載
6/3
伊藤会長・渡辺理事長体制発足のお知らせ 掲載
5/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2019年5-6月号/通算第90号) 発行
5/20
第311回国際政経懇話会
「通貨の未来:仮想通貨はどこへ向かうのか」(岩井克人氏講話)(3月27日開催)
掲載
4/9
第152回外交円卓懇談会
「日中関係の未来について」(廉德瑰氏講話)(3月15日開催)
掲載
4/1
公益財団法人日本国際フォーラム会報2019年春季号 発行
3/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2019年3-4月号/通算第89号) 発行
3/19
第151回外交円卓懇談会
「米国のアジア安全保障政策とトランプ外交」(ジェームズ・ショフ氏講話)(2月14日開催)
掲載
3/18
第310回国際政経懇話会
「2019年の内外経済情勢」(吉崎達彦氏講話)(2月18日開催)
掲載
3/14
第150回外交円卓懇談会
「ワシントンの中のアジア--January, 2019--」(ケント・カルダー氏講話)(1月18日開催)
掲載
3/11
第309回国際政経懇話会
「時代を読む」(田原総一朗氏講話)(1月22日開催)
掲載
2/7
日インド太平洋対話「自由で開かれたインド太平洋構想と海洋秩序」記事
報道ぶり
 掲載







1/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2019年1-2月号/通算第88号) 発行

2018年

12/31
役員・研究員等最新論文
「米中通商戦争と覇権」(坂本正弘上席研究員)
掲載
12/29
『JFIR WORLD REVIEW』創刊第2号 特集:「地経学」とは何か 刊行
12/27
公益財団法人日本国際フォーラム会報2019年冬季号 発行
12/26
第149回外交円卓懇談会
「日韓関係の現状をどうみるか」(金在信氏講話)(11月7日開催)
掲載
12/18
第308回国際政経懇話会
「日本の財政の現状と課題」(岡本薫明氏講話)(11月28日開催)
掲載
11/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2018年11-12月号/通算第87号) 発行
11/16
第148回外交円卓懇談会
「一帯一路構想の現状と将来の展望」(賈晋京氏講話)(10月25日開催)
掲載
11/9
第306回国際政経懇話会
「AI時代の国際政治」(兵頭二十八氏講話)(9月12日開催)
掲載
11/5
第307回国際政経懇話会
「質的に変わる国際情勢と日露関係」(袴田茂樹氏講話)(10月19日開催)
掲載
11/1
第147回外交円卓懇談会
「ASEANと地域秩序」(タン・スリ・ラスタム・モハマド・イサ氏講話)(9月11日開催)
掲載
10/25
役員・研究員等最新論文
「米中通商戦争と覇権」(坂本正弘上席研究員)
掲載
10/12
第146回外交円卓懇談会
「米朝首脳会談以後の北東アジアの秩序」(陳昌洙氏講話)(7月12日開催)
掲載
10/9
第145回外交円卓懇談会
「AIIBの現状と将来の展望」(ヨアキム・フォン・アムスベルク氏講話)(6月12日開催)
掲載
10/1
公益財団法人日本国際フォーラム会報2018年秋季号 発行
9/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2018年9-10月号/通算第86号) 発行
8/31
JFIR WORLD REVIEW
メディアに紹介さる
8/21
第305回国際政経懇話会
「最近の米国政治経済情勢」(鈴木量博氏講話)(7月20日開催)
掲載
7/20
『メルマガ日本国際フォーラム』2018年7-8月号/通算第85号) 発行
7/9
第304回国際政経懇話会
「北朝鮮問題の陰で着々と進む中国の海洋戦略」(香田洋二氏講話)(6月21日開催)
掲載
7/6
第144回外交円卓懇談会
「変容する日米中トライアングルの行方」(マイク・モチヅキ氏講話)(5月29日開催)
掲載
6/29
公益財団法人日本国際フォーラム 会報2018年夏季号 発行
6/6
『JFIR WORLD REVIEW』とは 掲載
6/6
『JFIR WORLD REVIEW』創刊第1号 特集:今ユーラシアで何が起こっているのか 刊行
5/31
研究プロジェクト「パワー・トランジション時代の日本の総合外交戦略」
概要
掲載
5/30
第303回国際政経懇話会
「未体験ゾーンに入った東アジア情勢と日本の対応」(添谷芳秀氏講話)(5月24日開催)
掲載
5/29
第143回外交円卓懇談会
「進化するアジア太平洋経済秩序とTPPの未来」(ミレヤ・ソリース氏講話)(4月18日開催)
掲載
5/18
『メルマガ日本国際フォーラム』(2018年5-6月号/通算第84号) 発行
5/16
第142回外交円卓懇談会
「北朝鮮核危機と文在寅政権」(文正仁氏講話)(3月30日開催)
掲載
5/11
役員・研究員等最新論文
「リベラル国際秩序を守る気概を」(神谷万丈理事)
掲載
4/23
第302回国際政経懇話会
「国際的な金融経済情勢と金融政策運営」(前田栄治氏講話)(4月11日開催)
掲載
4/12
日米共同政策レポート2018
『かつてない強さ、かつてない難題:安倍・トランプ時代の日米同盟』 発行
3/30
公益財団法人
日本国際フォーラム
会報2018年春季号 発行
3/26
第301回国際政経懇話会
「インド太平洋時代の日印関係」(堀本武功氏講話)(3月26日開催)
掲載
3/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2018年3-4月号/通算第83号) 発行
3/16
第300回国際政経懇話会
「変わる中国・変わらない日本:日中は和解へ向かうのか」(長岡義博氏講話)(2月21日開催)
掲載
3/16
第140回外交円卓懇談会
「グローバル通商レジームへの脅威とアジア」(ピーター・ドライスデール氏講話)(1月29日開催)
掲載
3/15
第299回国際政経懇話会
「世界の中の日本の憲法」(篠田英朗氏講話)(1月16日開催)
掲載
3/14
第141回外交円卓懇談会
「中国が志向する国際秩序:その本質と影響」(ミラ・ラップ=フーパー氏講話)(2月26日開催)
掲載
1/22
第139回外交円卓懇談会
「中東情勢をどうみるか」(ナジーブ・エルカシュ氏講話)(11月30日開催)
掲載
1/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2018年1-2月号/通算第82号) 発行
1/19
第138回外交円卓懇談会
「パワー・トランジション時代のEU」(ユアン・ミルチャ・パシュク氏講話)(11月6日開催)
掲載
1/18
設立30周年記念シンポジウム
「パワー・トランジション時代の日本の総合外交戦略」
報告書
掲載

会長挨拶

伊藤 憲一

財団法人日本国際フォーラムは、1987年3月12日に設立され、今年で設立30周年を迎えます。設立当時の日本の風土には...more


理事長挨拶

渡辺 繭

このたび日本国際フォーラムの理事長に就任いたしました。皆様のご指導を仰ぎながら微力を尽くしてまいりますのでどうぞよろし...more








研究センター便り

  • 12/16 「新段階の日本の海洋戦略」研究会(伊藤剛主査)
  • 12/6 「海洋戦略」研究会コロキアム
  • 11/16 日印韓三極コロキアム
  • 11/16 日米韓三極コロキアム
  • 10/31 「『地経学』時代の日本の経済外交」研究会(河合正弘主査)
  • 10/30 「ユーラシアの国際戦略環境の変化と日本の大国間外交」研究会(渡邊啓貴主査)
  • 10/29 「中国対外行動」研究会(加茂具樹主査)
  • 12/15 『JFIR WORLD REVIEW』創刊第2号刊行
  • ...more

役員・研究員等最新論文
米中対立とドルの力
米国発「対中金融制裁」の可能性
2019年11月1日
坂本 正弘
日本国際フォーラム上席研究員

 令和元年に入り、米中通商抗争は一気に高まった。5月5日、トランプ大統領は、猶予し...more

バックナンバーはこちら