e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム

<前 | 最新次>    [ スレッド一覧 | タイトル一覧 | 投稿一覧]
山本吉宣青山学院大教授の「インフォーマル帝国論」
投稿者:坂本正弘 (東京都・男性・日本戦略研究フォーラム副理事長・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2007-07-18 16:06 [修正][削除]
356/3860
 去る7月10日、山本吉宣教授の『「帝国」の国際政治学ー冷戦後の国際システムとアメリカ』(東信堂、2006年)に第8回「読売・吉野作造賞」が授与された。冷戦後の国際システムについては、米国の国力の卓越性を重視する立場からこれまでは覇権安定論が強かったが、最近のイラク情勢などから、ウォルツの二極安定論、一極不安定論が改めて、注目されている。小生も『パックス・アメリカーナの国際システム』と取り組んできたが、以下を指摘したい。

 第一に、山本教授は「帝国」を「覇権国」との関係で定義している。両者とも他国に対して非対称的に大きい力を持っているが、「覇権国」が相手国の対外政策のみを重視するのに対して、「帝国」は相手国の国内体制も重視するとしている。前者が、勢力均衡を重視する現実主義とすれば、後者は軍事力のみならず、価値や民主主義、レジーム変化を重視するネオコンの主張につながる。

 第二に、この「帝国」はインフォーマルな体制であるとしている。フォーマルな帝国体制(植民地支配)は主権国家体制と両立しないので、「帝国」は圧倒的優勢を持っていても「普通の大国」として行動(勢力均衡)することがあるとしている。現在、米国はイラクでの困難もあり、レジーム変革などの「帝国」の論理から、勢力均衡を重視する現実主義に変化しつつあるのは、このためだということになる。北朝鮮政策は君子豹変であるが、対中政策も変化するであろうということになる。

 第三に、米国は、「帝国」政策の追及を外交内政上の理由で中止せざるを得なくなっても、その卓越した軍事力、世界に展開する軍事基地と兵力投射能力、基軸通貨ドルなどが残り、「帝国」復活への内外環境が回復すれば、「帝国」政策の追及が再び可能となるとしている。反共産主義のヴェトナム戦争での敗退後、現実主義のニクソン・キッシンジャーによる勢力均衡路線への回帰があったが、その後「力と価値」のレーガン外交の復活があった。

 以上を勘案して、日米同盟を考察すると、ブッシュ・小泉時代の良好な日米関係は両首脳の個人的信頼関係に支えられたとされるが、ネオコン、ラムスフェルドの「価値と力」の論理の働いたときでもあった。米軍再編、日米戦略協議が集中的に行われ、北朝鮮の核と拉致、台湾問題、中国の軍事力の透明性の欠如などへの日米共通の関心が表明された。「美しい国」にも、「自由と繁栄の弧」の構想にも、価値の主張が見える。しかし、米国の現実主義への転換が強く見られる現在、六者協議では、日米両国の国益の乖離すら懸念される状況である。かつて米国は、時間をかけて、ヴェトナム・シンドロームから立ち直ったが、今回の中東の罠からはどのようにして脱出するのか。そして、その時のアジア情勢、「パックス・アメリカーナ」の未来はどうなっているのかである。 
スレッド表示 >>>この投稿にコメントする

投稿履歴 (投稿時のメールアドレスにより以下の記事が抽出されました)
No タイトル 投稿者 日時
3169 (連載2)ミアシャイマー教授の攻 ←  (連載1)ミアシャイマー教授の 坂本 正弘 2014-12-23 23:57
3167 (連載1)ミアシャイマー教授の攻撃的現実主義と台頭する中国 坂本 正弘 2014-12-22 15:16
1645 (連載)中国人船長放免後の尖閣紛 ←  (連載)中国人船長放免後の尖閣 坂本 正弘 2010-09-30 14:47
1644 (連載)中国人船長放免後の尖閣紛争にどう対応するか(1) 坂本 正弘 2010-09-29 23:38
1629 (連載)尖閣諸島問題について日本 ←  (連載)尖閣諸島問題について日 坂本 正弘 2010-09-25 13:37
1627 (連載)尖閣諸島問題について日本は反論せよ(1) 坂本 正弘 2010-09-24 16:44
1154 選挙後の自民党と民主党に望むこと 坂本 正弘 2009-09-04 17:43
1122 クリントン元大統領の北朝鮮訪問の意味 坂本 正弘 2009-08-17 12:21
974 米ロ核軍縮交渉合意と日本の対応 坂本 正弘 2009-04-06 14:40
893 (連載)国連と日本(2) ←  (連載)国連と日本(1) 坂本 正弘 2009-01-16 09:45
892 (連載)国連と日本(1) 坂本 正弘 2009-01-15 18:47
861 国際政治にも波及する国際金融危機 ←  今回の国際金融危機は、日本にと 坂本 正弘 2008-12-12 10:26
810 今回の国際金融危機は、日本にとって好機である 坂本 正弘 2008-11-04 13:24
780 100年前の英国を想起させる今日の米国の苦境 坂本正弘 2008-10-07 19:15
733 国内政治の改革なくして、日本の国際的活躍はない 坂本正弘 2008-09-02 17:28
627 四川大地震でも簡単には好転しない日中関係 坂本正弘 2008-05-30 19:55
585 現実主義者としての「核廃絶論」 坂本正弘 2008-04-17 16:18
551 増大する日米間の中国認識の差 坂本正弘 2008-03-14 11:38
531 注目すべきIBSA会議の動向 坂本正弘 2008-02-14 13:54
508 福田首相と台湾問題 坂本正弘 2008-01-11 23:46
474 国際金融の混乱と国家資産基金(SWF) 坂本正弘 2007-12-05 19:42
454 「北東アジア情勢と地域安全保障」フォーラムに出席して 坂本正弘 2007-11-07 19:57
398 北朝鮮政策をめぐる米中日 坂本正弘 2007-09-12 14:53
377 世界の進展と日本の政治 坂本正弘 2007-08-15 18:42
356 山本吉宣青山学院大教授の「インフォーマル帝国論」 坂本正弘 2007-07-18 16:06
331 日中の戦略的互恵関係とは? 坂本正弘 2007-06-06 09:34
312 新大統領下のフランスの動向 坂本正弘 2007-05-09 11:17
294 アーミテージ報告II に見る米国の対中戦略 坂本正弘 2007-04-11 12:36
272 中国のアフリカ進出に遅れを取る日本 坂本正弘 2007-03-14 09:53
250 6カ国協議と日本の対応 坂本正弘 2007-02-14 10:34
223 ボルトン前国連大使の見る米中関係の二律背反性 坂本正弘 2007-01-18 09:29
185 隔世の感がある日中関係 坂本正弘 2006-12-06 15:49
162 アメリカの中間選挙とイラク問題 坂本正弘 2006-11-09 09:32
144 北朝鮮の核実験 坂本正弘 2006-10-11 14:47
120 「中国病」へどう対応するか? 坂本 正弘 2006-09-13 09:28
105 小泉首相の靖国参拝について思う 坂本正弘 2006-08-16 14:41

<前 | 最新次>    [ スレッド一覧 | タイトル一覧 | 投稿一覧]