e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載2)米国の中間選挙を終えて ← (連載1)米国の中間選挙を終えて  ツリー表示
投稿者:古村 治彦 (埼玉県・男性・愛知大学国際問題研究所客員研究員・40-49歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-11-20 09:56 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.4292
 トランプ大統領にとっては連邦下院で訴追決議がされても、連邦上院で裁判が行われ、弾劾決議が出るという可能性は減少しました。これはトランプ大統領にとってはかなり安心できる状況です。また、連邦上院は大統領が提案する公務員の人事を承認するかどうかの権限も持っています。連邦下院にはありません。FRB議長や連邦最高裁判事、閣僚といったアメリカにとって重要な人事が行われる際にはマスコミでも大きく報道されます。人事権に関しても、連邦上院で過半数を取ることで確保されたということが言えます。テキサス州で何とか再選されたテッド・クルーズが象徴するように、トランプ大統領の応援によって当選した議員たちが多くなっているので、彼らはトランプ大統領に反抗することはできません。トランプ大統領は、早速、ジェフ・セッションズ司法長官を更迭しました。セッションズは、ロシア疑惑がここまで大きくなることに関して何もしなかった、逃げた、オバマ大統領時代からの官僚が多くおり、反トランプの牙城とも言うべき司法省を抑えることが出来なかった、というのが更迭の理由でしょう。また、ジェイムズ・マティス国防長官、ジョン・ケリー大統領首席補佐官といった高級軍人出身者たちの更迭の噂も出ています。

 一方で、トランプ大統領は、連邦下院民主党に対して協力を呼びかけました。確かに、トランプ大統領のいくつかの政策は、民主党にとっても受け入れられる、推進したい政策です。トランプ大統領を押し上げた、ラストベルトと呼ばれる工業地帯の白人労働者たちは、元々は労働組合に加入して民主党を支持していた訳で、この点ではトランプ大統領と民主党は協調できる関係にあります。1980年代に日米間で貿易摩擦が起きましたが、その時に日本車を叩き壊していたのは、自動車産業が盛んなラストベルトの州を地盤とする民主党の議員たちでした。共和党はもともと自由貿易を主張しています。ここで「捻じれ」が起きてしまいます。

 今回の中間選挙では、アメリカのマスコミはpolarizationという言葉をキーワードに使っていました。分極化、党派争いの激しい状況、お互いがお互いを否定し合って馬鹿にし合って話ができない状況ということです。今の日本もそういう状況にあると思いますが、アメリカでは、これではいけないという動きも出ているようです。そのために選挙制度の変更という話も出ています。日本では単純に二大政党制にすることが改革だ、決められる政治だとする風潮がありますが、現在のアメリカをよく見て、それで良いのかを考えるべきです。

 今回の選挙結果では、有権者の投票志向は民主党に向かっていたということが出来ます。これはトランプ大統領に対しての批判ということになります。連邦上院で共和党が過半数を獲得したことは、もともと非改選で共和党が42議席を保持していたことを考えると、そこまで大きなことではないとも言えます。しかし、トランプ大統領は訴追弾劾を避けることができる、人事権を掌握できるということで、「まぁこの辺が満足すべきところだろう、連邦下院が少し負けすぎだけどな」という結果になったと思われます。民主党は、テキサス州の連邦上院議員選挙でビトー・オロークが勝利していれば、一気に大統領選挙の候補者にまでなったかもしれませんが、ライジングスターは生まれませんでした。党の中にはいまだに分裂があり、今回の勝利を楽観することはできません。上記のように考えると、トランプ大統領という人は、とても運が良い人ということになります。(おわり)

No タイトル 投稿者 日時
4311 (連載2)ロシア軍事力の資金源と物品調達体制の謎 ←  (連載1)ロシア軍事力 河村 洋 2018-12-13 10:46
4310 (連載2)「トランプ包囲網」の形成となるのか ←  (連載1)「トランプ包囲網 古村 治彦 2018-12-13 10:34
4309 (連載1)ロシア軍事力の資金源と物品調達体制の謎 河村 洋 2018-12-12 16:24
4308 (連載1)「トランプ包囲網」の形成となるのか 古村 治彦 2018-12-12 11:09
4307 (連載2)対中関与政策の終焉 ←  (連載1)対中関与政策の終焉 笹島 雅彦 2018-12-11 10:13
4306 (連載1)対中関与政策の終焉 笹島 雅彦 2018-12-10 13:54
4305 北方領土問題について国民的合意を 松井 啓 2018-12-08 17:16
4304 トリプル選挙は危険な賭け:来年の政局 杉浦 正章 2018-12-07 05:03
4303 55年ぶりの大阪万博について 船田 元 2018-12-06 13:31
4302 北方領土交渉への過度の期待は禁物 飯島 一孝 2018-12-05 16:39
4301 外国人労働者問題 山崎 正晴 2018-12-03 17:46
4300 わが国における難民受け入れ問題を考える 倉西 雅子 2018-11-30 13:08
4299 「GAFA」の社会的責任を考える 船田 元 2018-11-29 15:20
4298 難問山積、激動の極東情勢 杉浦 正章 2018-11-28 05:13
4297 「ねじれ議会」は悪いことばかりではない 伊藤 洋 2018-11-27 12:40
4296 「第2次太平洋戦争」の号砲 鍋嶋 敬三 2018-11-26 11:25
4295 (連載2)米中間選挙後の鍵はロシアと極右 ←  (連載1)米中間選挙後の鍵はロ 河村 洋 2018-11-22 12:15
4294 (連載1)米中間選挙後の鍵はロシアと極右 河村 洋 2018-11-21 18:57
4293 日本の北方領土交渉はこのままで大丈夫か 飯島 一孝 2018-11-21 11:02
4292 (連載2)米国の中間選挙を終えて ←  (連載1)米国の中間選挙を終えて 古村 治彦 2018-11-20 09:56

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]