e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載1)カスピ海サミットと問われる日本人の国際感覚  ツリー表示
投稿者:袴田 茂樹 (東京都・男性・日本国際フォーラム評議員・70-79歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-09-05 13:41  
>>>この投稿にコメントする
No.4234
 8月12日にカザフスタンの港湾都市アスタウで1996年以来5回目のカスピ海沿岸5カ国(ロシア、カザフスタン、イラン、アゼルバイジャン、トルクメニスタン)によるサミットが開催され、「カスピ海の法的地位に関する協定」(以下「協定」)が合意・調印された。協定では次の3点で合意したが、実際には多くの問題を含んでいる。第1に、カスピ海は海か湖かという論争が続いたが、海でも湖でもない特別な内陸水域とされ、特別の法律が適用される。第2に、沿岸5か国以外の国のカスピ海での軍事的プレゼンスが禁止された。これにより、ロシアが最も神経を尖らせていた米軍やNATOの軍事プレゼンスが排除された。第3に、水上、水中の境界は定められたが、海底の分割に関する条文は除かれた。したがって、やはり紛争の原因になっていた海底資源の保有問題は、今後は直接の当事国の交渉に委ねられる。

わが国では十分自覚されていないが、カスピ海問題はロシアや中央アジア、コーカサスなどカスピ海周辺国のエネルギーや漁業問題だけでなく、欧州、米国、中近東、中国、パキスタン、インドを含む地域、すなわちほぼ世界全体の戦略問題やエネルギー問題に深く関わっている。この協定の成立により、カスピ海の領有権問題や経済紛争も解決に向かい、より安定的で平和な地域になりつつあるとの印象を与える誤報もある。実際には、カスピ海を巡る根本問題は解決していないし、日本メディアも問題の重要性を認識していない。

 ソ連邦時代にはカスピ海は牧歌的といえるほど平和だった。しかしソ連邦が崩壊して様相は一変した。沿岸5カ国がカスピ海の資源や漁業に関して利己的な行動をとって各国の利害対立は深刻化し、軍事衝突に至るまでの深刻な紛争を引き起こしている。したがって、笑い話ではないが近年沿岸5カ国は、カスピ海の自国「海軍」を強化し真剣に軍事演習をして他国を牽制しているのである。こうして、あの平和なカスピ海は「紛争(不和)の海море раздора」とさえ呼ばれるようになった。今回のカスピ海サミット開催の直前にも、全ての沿岸国がカスピ海でそれぞれ軍事演習をし、トルクメニスタン大統領は、演習場から直接カザフスタンのサミット会場に行った。サミット参加の他国への牽制のためだ。ロシアがクリミアを軍事力で「併合」した翌年、2015年の10月にロシアはカスピ海の最新のミサイル艦4隻から、26発のやはり最新巡航ミサイルをシリアの反体制勢力支配地域の11の標的に撃ち込んだ。イラン、イラク上空を1500kmも飛んでのミサイル攻撃だ。シリアでのロシア空軍の戦闘機による空爆とカスピ海からのミサイル攻撃で、ロシア国民によるプーチン支持率は2015年10月に、これまでで最高の89.9%を記録した。

 外の世界に対する被害者意識の強いプーチン大統領やロシア政府は、カスピ海に関する今回の協定の最大の成果を、カスピ海から外国軍が排除されるとの合意が成立したことに見ている(TASS通信)。プーチン大統領は今回のサミットに関して次のように述べている。「重要なことは、サミット参加国が軍事的・政治的な相互協力の諸原理を決定し、カスピ海を専ら平和目的に利用すること、そしてこの地域外の軍事力がこの海に存在しないことを保証することである。それに劣らず重要なことは、環境および生物資源の保護に関するカスピ海沿岸諸国の協力である。カスピ海の安全を脅かすインフラ建設に関して、環境保護の観点からの厳しい検査が求められる。」(大統領府サイトより)(つづく)

No タイトル 投稿者 日時
4269 ノーベル平和賞と国際法の正義 篠田 英朗 2018-10-18 11:11
4268 日米で始動する新貿易協議の行方 古村 治彦 2018-10-16 16:59
4267 (連載2)中国・欧州関係から日本の安保への影響を考 ←  (連載1)中国・欧州 三船 恵美 2018-10-16 10:19
4266 首相は為政者の義務感から消費増税決断 杉浦 正章 2018-10-16 05:35
4265 (連載1)中国・欧州関係から日本の安保への影響を考える 三船 恵美 2018-10-15 10:22
4264 進化する日米同盟 四方 立夫 2018-10-12 11:01
4263 (連載2)デービッド・フラム著『Trumpocra ←  (連載1)デービッド 河村 洋 2018-10-11 10:26
4262 ピントが問題の小泉小じゅうと発言 杉浦 正章 2018-10-10 05:01
4261 (連載1)デービッド・フラム著『Trumpocracy』から見た米国政治 河村 洋 2018-10-10 02:49
4260 羽田新ルート問題で欠けている議論 橋本 宏 2018-10-09 17:43
4259 尖閣防衛に注目の日米統合作戦論 鍋嶋 敬三 2018-10-09 12:52
4258 サイバー犯罪と無法社会 山崎 正晴 2018-10-05 11:22
4257 SNS事業者が「私的検閲機関」になる日 倉西 雅子 2018-10-04 12:12
4256 改憲へ大きくシフト:第4次改造内閣 杉浦 正章 2018-10-03 05:51
4255 憲法は一から作り直すべきだ 赤峰 和彦 2018-10-02 11:22
4254 安倍3選めぐる新聞論調の内向き志向 中村 仁 2018-10-01 13:24
4253 トランプのごり押しに手をこまねく必要はない 杉浦 正章 2018-09-28 06:39
4252 進む韓国の米国離れ 古村 治彦 2018-09-27 11:56
4251 篠田英朗教授の「欧州で日本の人口減少を考える」に思 ←  (連載1)欧州で日本 加藤 成一 2018-09-26 10:45
4250 秩序転換期に「強靱な日本」目指せ 鍋嶋 敬三 2018-09-25 11:04

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]