e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
アメリカの新聞にならえ日本のジャーナリズム   
投稿者:伊藤 洋 (山梨県・男性・山梨大学名誉教授・70-79歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-08-28 10:15 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.4228
 「気に入らない報道機関を<人民の敵>と批判するトランプ米大統領に対抗し、米国の多くの新聞が16日、報道の自由を訴える社説を一斉に掲げた。有力紙ボストン・グローブズの『米国の偉大さは、権力者に対して真実を突きつける自由な報道機関に支えられている』という呼びかけに、週刊紙など今後の掲載も含めて380紙以上が賛同しているという」(『朝日新聞』2018年8月17日付)。

 とかくその発言が物議を醸すトランプ大統領。その当然の帰結として受ける批判を嫌って、特に、ニューヨーク・タイムズやワシントンポストなど新聞や、ケーブルテレビのCNNなど彼を批判的に報じる報道機関に対して「フェイク」のレッテルを貼りつけ、さかんに攻撃(口撃?orツイート撃?)をつづけてきた。この男、支持者の集会などでもメディア批判を大声で叫んで、こうした主張は支持者の間にそれなりに浸透してきていたらしい。それが何より証拠に、アメリカの黒人や移民・マイノリティなどへの差別的主張を支持する国民のパーセンテージがここ1、2年の間に急増しているという。

 そもそもアメリカのメディアは独立独歩の精神が旺盛で群れないのを特徴としてきた。それが、今回のように一紙の呼びかけに応じて多くの紙誌が賛同して報道の自由を主張することは珍しい。現に、よろずトランプに批判的なワシントン・ポスト紙は「組織的取り組みには加わらない」として敢えてこの呼びかけそのものには同調していない。自紙がする「大統領批判」は自社の社論として批判しているのだというのであろう。クウォリティ紙の矜持と言ってよい。そもそも、1791年アメリカの修正憲法第一条は「議会は、国教の樹立を支援する法律を立てることも、宗教の自由行使を禁じることもできない。表現の自由、あるいは報道の自由を制限することや、人々の平和的集会の権利、政府に苦情救済のために請願する権利を制限することもできない」とある。さすがに一連の動きに黙っていられなくなった米国上院は、8月16日、「報道機関は人民の敵ではない」とする決議を全会一致で採択した。

 呆れた大統領を選んでしまったとはいえ、日本よりましなのは、アメリカ議会にはまだこういう「知性」が残っている。それに比して我が日本では、「麻生太郎・副総理兼財務相は24日、新潟県新発田市で講演し、自民党支持候補が勝利した10日の同県知事選を引き合いに、自民支持が高いのは10~30代として、『一番新聞を読まない世代だ。新聞読まない人は、全部自民党なんだ』と持論を展開した」(『朝日新聞』2018年6月25日)。この御仁は別のところで新聞を読まないと告白しているから、世事に思いを致すことが無く、それを衆参両院が批判したという話も聞かない。また、日本のジャーナリズムはそもそも根本のところで批判精神が乏しく、第三の権力としての役割を果たしているようには見えない。トランプ米政府類似の安倍政権下、日本のメディアもアメリカの新聞の矜持に学んでもらいたい。

No タイトル 投稿者 日時
4248 (連載2)欧州で日本の人口減少を考える ←  (連載1)欧州で日本の人口減少を 篠田 英朗 2018-09-21 10:54
4247 安倍はひしめく重要日程で成果を 杉浦 正章 2018-09-21 05:53
4246 (連載1)欧州で日本の人口減少を考える 篠田 英朗 2018-09-20 12:39
4245 民主主義を正しく機能させるには 船田 元 2018-09-19 10:14
4244 安倍3選につけいる隙がない自民総裁選 杉浦 正章 2018-09-19 05:29
4243 移民反対の正当な根拠とは 倉西 雅子 2018-09-18 12:33
4242 略奪が起きない日本の姿を世界に発信せよ 中村 仁 2018-09-14 13:40
4241 (連載2)停滞が続く米朝交渉 ←  (連載1)停滞が続く米朝交渉 古村 治彦 2018-09-13 13:53
4240 (連載1)停滞が続く米朝交渉 古村 治彦 2018-09-12 16:06
4239 党員・党友票でも安倍が優勢 杉浦 正章 2018-09-11 05:54
4238 疑問符が付く安倍対露外交 鍋嶋 敬三 2018-09-10 09:55
4237 安倍首相はウラジオストクでプーチン大統領と何を話すのか 飯島 一孝 2018-09-07 15:02
4236 (連載2)カスピ海サミットと問われる日本人の国際感 ←  (連載1)カスピ海サ 袴田 茂樹 2018-09-06 16:04
4235 トランプ暴露本の波紋広がる 杉浦 正章 2018-09-06 05:50
4234 (連載1)カスピ海サミットと問われる日本人の国際感覚 袴田 茂樹 2018-09-05 13:41
4233 台湾呼称問題について考える 山崎 正晴 2018-09-03 23:48
4232 中東の優等生・トルコの混乱 船田 元 2018-09-03 16:26
4231 シンガポールに学ぶ「民主主義」 四方 立夫 2018-08-31 09:53
4230 ”グローバリズムの格差是正は再分配で”は正しいのか 倉西 雅子 2018-08-29 11:30
4229 日本外交はどうあるべきか 篠田 英朗 2018-08-28 11:21

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]