e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
米の東南アジア外交巻き返しなるか?   
投稿者:鍋嶋 敬三 (神奈川県・男性・評論家・70-79歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-08-08 10:34 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.4217
 米国のD.トランプ政権が東南アジア外交の巻き返しに本腰を入れ始めた。東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議を軸とする各種会議でM.ポンペイオ国務長官が8月初め、インド太平洋戦略のため安全保障、経済での具体的な関与策を提示した。(1)インド太平洋の海洋を中心とする地域安全保障協力のため約3億ドル、(2)デジタル経済、エネルギー、インフラ整備の3分野に1億1300万ドルの支援、(3)開発金融に600億ドル規模の法案(下院を通過)などが柱だ。アジアは北朝鮮による核・ミサイル開発、中国の海洋の軍事的脅威の高まりに直面する。米国が軍事的、経済的にこの地域を守るかどうかが、アジアの勢力バランスの方向を支配する。

 トランプ政権のアジア戦略の基本は「自由で開かれた海洋は米国のインド太平洋戦略の礎石であり、国家安全保障戦略にとって不可欠」(国務省文書)というものだ。ASEANを中心にしながらも中国や北朝鮮も入るASEAN地域フォーラム(ARF)の議長声明には「包括的で検証可能、不可逆的な非核化(CVID)」の表現が入らず、制裁緩和を働き掛ける北朝鮮や支援する中露などの影響がうかがわれる。ポンペオ長官はASEANとの会議で南シナ海における中国の軍事化への懸念を提起し、北朝鮮の核・ミサイルの問題とともに安全保障上の重要な問題の中心にASEAN がいることを強調して協力を訴えた。中国の「一帯一路」構想が進む中、ASEAN抜きでは米国のインド太平洋戦略も成り立たないとの危機感が強まったからでもある。

 「包括的な米国の東南アジア戦略」と題する大論文(8月7日公表)が注目される。著者のAEI研究所M. マッザ客員研究員は米国が目指す東南アジアの姿は「近隣諸国と友好関係を保ち、自由経済市場を受け入れる民主的な責任ある政府」という。中国型の共産主義開発独裁、強権的な人権弾圧の長期政権が目立つこの地域では理想主義的すぎるかもしれない。同氏は米国はこの目標達成のために安全保障、経済、政治的統治の3本柱からなる戦略を提唱、これに成功すれば米国に有利な勢力図が確実になり、リベラルな国際秩序も強化されると結論付けている。同氏は「太平洋戦争の教訓」を取り上げた。1942年2月の日本軍によるシンガポール陥落以降の東南アジアにおける日本軍の圧勝は欧米植民地主義の終わりを告げ、「この画期的変化の結果は今日に至るまで明白」と評価している。60年後、中国が南シナ海の支配に乗り出している。東南アジア地域を無視すれば地域の勢力バランスを中国有利にひっくり返すことにもつながると同氏は分析。東南アジアの出来事は世界的な影響をもたらし「米国がそれを無視するなら、ただでは済まない」と結んでいる。

 第二次大戦後も米国の戦略的後退が二つ続いた。ベトナム戦争で南ベトナムを失った(1975年)こと、フィリピンの大規模空軍・海軍基地からの撤退(1991-92年)である。いずれも南シナ海の海上交通路(シーレーン)を押さえる重要な地域であり、その米国の後退の穴を埋めたのが中国である。南シナ海の島嶼を次々と実効支配して軍事基地化したことは衆知の通りである。トランプ政権の「自由で開かれたインド太平洋戦略」も、自国利益第一主義の通商政策を強引に進めるなら、米国に経済的に依存するアジア諸国の失望を招いて画餅に帰すだろう。日本はアジア随一の同盟国として「米国第一主義」を改め、アジア太平洋諸国も多く参加する環太平洋連携協定(TPP)の国際協調主義への復帰を粘り強く説得する必要がある。それがトランプ氏との個人的な信頼関係を自負する安倍晋三首相が果たせる貴重な役割に違いない。

No タイトル 投稿者 日時
4290 北方領土と日ロ平和条約締結問題 橋本 宏 2018-11-15 11:50
4289 危うい歯舞、色丹の「2島先行返還論」 杉浦 正章 2018-11-15 06:47
4288 ヨーロッパの良識のピンチ 船田 元 2018-11-14 10:14
4287 シエラレオネについて考える 篠田 英朗 2018-11-13 13:42
4286 日本の海洋安保プレゼンスに評価 鍋嶋 敬三 2018-11-12 12:11
4285 (連載2)プーチン氏の平和条約提言の問題点 ←  (連載1)プーチン氏の平和条 袴田 茂樹 2018-11-08 13:31
4284 トランプが直面する「決められない政治」 杉浦 正章 2018-11-08 06:17
4283 (連載1)プーチン氏の平和条約提言の問題点 袴田 茂樹 2018-11-07 11:58
4282 香港「一国二制度」は終焉間近か 四方 立夫 2018-11-06 17:00
4281 危機に直面する自由貿易体制 船田 元 2018-11-05 14:14
4280 アメリカでの奨学金削減と中国の留学生誘致 古村 治彦 2018-11-02 13:48
4279 日中 「第三国でのインフラ開発協力」は経済原則に則って 四方 立夫 2018-11-01 10:00
4278 新聞の社会的役割が終わる日 中村 仁 2018-10-31 11:43
4277 中国の対日大接近は「強国路線」の一環 杉浦 正章 2018-10-30 04:36
4276 日本主導のTPPがイギリスの危機を救う 赤峰 和彦 2018-10-29 13:10
4275 英中および英欧関係に関して三船恵美教授に質問 ←  (連載2)中国・欧州関係か 河村 洋 2018-10-26 23:17
4274 「一帯一路」構想と日本のインフラ支援 倉西 雅子 2018-10-26 17:50
4273 サウジの米、トルコとの軋轢深刻化 杉浦 正章 2018-10-25 06:29
4272 鄧小平の柔らかな手 鍋嶋 敬三 2018-10-24 12:02
4271 わが国の北極戦略はどうあるべきか 四方 立夫 2018-10-23 13:37

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]