e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載1)「プーチンによる平和」が生まれる中東  ツリー表示
投稿者:六辻 彰二 (神奈川県・男性・横浜市立大学講師・40-49歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-08-03 14:27  
>>>この投稿にコメントする
No.4212
7月16日のヘルシンキでの米ロ首脳会談をはさんで、発言が二転三転するトランプ大統領と対照的に、プーチン大統領は着実に歩を進めているようだ。アメリカ大統領選挙への介入と比べて、西側メディアでとりあげられる頻度がはるかに少ないシリア情勢でも、それはうかがえる。7月22日、イスラエル軍はシリア南部で人道活動に当たってきたNGOのシリア民間防衛隊、通称ホワイトヘルメットの800名をヨルダンに移動させると発表。イスラエル軍によると、ホワイトヘルメットの安全のためという。しかし、そこにはロシアとイスラエルの間の暗黙の取り引きを見出せる。イスラエルがシリアへの関与を控え始めたことは、中東に「プーチンによる平和」が生まれつつあることを象徴する。

 ホワイトヘルメットはシリアで医療、食糧支援など人道活動を行なってきたNGOだ。紛争地における民間人保護の活動が認められ、2016年には「第二のノーベル賞」とも呼ばれるライト・ライブリフッド賞を受賞している。一方、これに対しては「中立性を欠く」という批判や疑問の声もある。ホワイトヘルメットの創設者ジェームズ・ル・メズリエ氏はイギリス人だが、民間軍事企業の一員、つまり傭兵として、中東、アフリカの各地で活動した経歴をもつ。実際、ホワイトヘルメットは欧米諸国の政府から資金援助を受けている。これら各国のほとんどはもともとアサド政権と対立しており、「シリア内戦の責任はアサド政権の独裁にある」と主張し、「アサド退陣」を求め続けてきた。そのため、例えばアサド政権はホワイトヘルメットの活動を「プロパガンダ」、「テロリスト」と非難しており、ロシア・メディアのスプートニクは「カメラのあるところでだけ活動している」、「『シリア軍による化学兵器の使用』をでっちあげた」などと批判している。

 イスラエルはアサド政権と対立してきたが、シリア内戦には「不干渉」の立場をとり、反体制派への支援などは行なってこなかった。今回の決定は、初めてともいえる「干渉」だ。では、なぜイスラエル軍はホワイトヘルメットを退避させたのか。イスラエルとホワイトヘルメットは「反アサド」で共通する。イスラエル軍は「アサド政権派がシリア南部に迫っていること」を退避の理由にしており、いわば「味方」を助けるために、あえてシリア内戦に「干渉」したとみえなくもない。しかし、それだけなら、ホワイトヘルメットをイスラエルにとどめ置いてもよかったはずだ。ホワイトヘルメットを受け入れたヨルダン政府は、イギリス、カナダ、ドイツの政府からの要請に沿って、これら各国に移す手続きに入っている。いかにこれら各国政府からの要請があったとはいえ、公式には「不干渉」でもイスラエルがその活動を黙認してきたことは周知の事実で、仮にホワイトヘルメットに利用価値を見出すなら、「人道的配慮」などと理由をつけてイスラエル国内で保護することも不可能ではなかったはずである。

 イスラエルが事実上、ホワイトヘルメットに「おひきとり願った」ことには、2つのシナリオがあり得る。第一は、「いよいよイスラエルがシリアでの軍事活動に向かうので、ホワイトヘルメットを退避させた」というものだ。イスラエルにとってアサド政権以上に目障りなのは、イランだ。イランは反イスラエル武装活動を続けるシーア派組織ヒズボラを支援し、シリア内戦でもアサド政権を軍事的に支援し続けてきた。この背景のもと、イスラエルは5月、シリア領内にあるイランの軍事施設に向け、70発以上のミサイルで攻撃。イスラエルはこれを同日の「イランによるミサイル攻撃」への報復と主張したが、イランはこの最初の攻撃そのものを否定。イスラエルによる自作自演という見方を示した。中東屈指の軍事力を誇るイスラエルとイランの緊張は、地域全体にとっての危機だ。これはちょうど、トランプ政権がエルサレムに在イスラエル・アメリカ大使館を開設し、イラン核合意(2015)を一方的に破棄したタイミングに重なる。イスラエルは同盟国アメリカの方針転換に乗じて、イランへの圧力を高めてきたのである。(つづく)

No タイトル 投稿者 日時
4290 北方領土と日ロ平和条約締結問題 橋本 宏 2018-11-15 11:50
4289 危うい歯舞、色丹の「2島先行返還論」 杉浦 正章 2018-11-15 06:47
4288 ヨーロッパの良識のピンチ 船田 元 2018-11-14 10:14
4287 シエラレオネについて考える 篠田 英朗 2018-11-13 13:42
4286 日本の海洋安保プレゼンスに評価 鍋嶋 敬三 2018-11-12 12:11
4285 (連載2)プーチン氏の平和条約提言の問題点 ←  (連載1)プーチン氏の平和条 袴田 茂樹 2018-11-08 13:31
4284 トランプが直面する「決められない政治」 杉浦 正章 2018-11-08 06:17
4283 (連載1)プーチン氏の平和条約提言の問題点 袴田 茂樹 2018-11-07 11:58
4282 香港「一国二制度」は終焉間近か 四方 立夫 2018-11-06 17:00
4281 危機に直面する自由貿易体制 船田 元 2018-11-05 14:14
4280 アメリカでの奨学金削減と中国の留学生誘致 古村 治彦 2018-11-02 13:48
4279 日中 「第三国でのインフラ開発協力」は経済原則に則って 四方 立夫 2018-11-01 10:00
4278 新聞の社会的役割が終わる日 中村 仁 2018-10-31 11:43
4277 中国の対日大接近は「強国路線」の一環 杉浦 正章 2018-10-30 04:36
4276 日本主導のTPPがイギリスの危機を救う 赤峰 和彦 2018-10-29 13:10
4275 英中および英欧関係に関して三船恵美教授に質問 ←  (連載2)中国・欧州関係か 河村 洋 2018-10-26 23:17
4274 「一帯一路」構想と日本のインフラ支援 倉西 雅子 2018-10-26 17:50
4273 サウジの米、トルコとの軋轢深刻化 杉浦 正章 2018-10-25 06:29
4272 鄧小平の柔らかな手 鍋嶋 敬三 2018-10-24 12:02
4271 わが国の北極戦略はどうあるべきか 四方 立夫 2018-10-23 13:37

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]