e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
中国の統制経済強化は「いつか来た道」   
投稿者:四方 立夫 (東京都・男性・エコノミスト・60-69歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-07-27 13:24 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.4209
 中国経済が益々統制色を強めている。中国政府はリーマンショック後の翌年4兆元(約56兆円)の財政出動を行ったが、これがその後の中国経済減速の元凶となった。すなわち、国有企業の負債の増大、過剰投資による過剰設備、民営企業の買収「国進民退」、並びに国有銀行の資産の悪化をももたらし、市場の力を減少させることとなった。市場経済であればかかる企業はリストラ、ないしは倒産により淘汰されるものであるが、中国では逆に大型国有企業の統合が相次いだ。宝山製鉄所と武漢製鉄所、中国遠洋と中国開運、中国電力投資集団と中国核電などがその例である。言わば”too big to fail”を狙ったものであるが、国有企業には特にガバナンスの欠如という致命的な欠陥がある。自由主義世界のM&Aでは「1+1」が2以上になることが必須であるが、合理化を伴ず透明性の欠如した国有企業の合併は経済合理性に反したものとなる公算が大である。

 さらに、昨年の党大会において国有企業のみならず、外国企業を含む民間企業を含む全ての企業の定款に「共産党の指導に従う」ことを明記することが義務づけられたことにより、党による経済統制が益々鮮明となった。加えて、「一帯一路」政策により中国国内の余剰生産/在庫を海外において処分すると共に、「独裁体制下での経済発展」と言う「中国モデル」をアジアのみならず広くアフリカ、中南米にまで「輸出」し、中国の影響力拡大を図っている。かかる中国の行動は、かつてソ連邦がアジア~中近東~アフリカ~中南米にその勢力を拡大し、米国との軍拡競争に走り、最終的には統制経済の行き詰まりにより破綻をきたし崩壊に至ったことを思い起こすものである。

 中国においても毛沢東による人民公社の導入~大躍進運動の失敗~文化大革命の貫徹により生産力が著しく低下し、数千万人とも言われる死者を出した。その反省から鄧小平は「発展是硬道理」(発展こそ絶対的な理屈である)として「社会主義市場経済」を導入し、その後も胡錦涛に至るまでこれを継承しつつ、部分的な自由化/民主化も導入し、急速な経済発展を成し遂げたものである。しかしながら、習近平を始めとする現在の指導部の大半はかかる辛酸をなめたにも関わらず、言わば「毛沢東による洗脳」から目覚めることなく、「中国の夢:中華民族の偉大な復興」を掲げてナショナリズムを煽り、共産党一党支配体制の堅持を絶対命題とし、習近平独裁に大きく舵を切ったことに強い危惧を覚える。

 昨年秋以降、中国は一転して我が国に対し「微笑外交」を再開し、我が国は「一帯一路」に対する「協力」を表明したが、中国国内経済に対する懸念は益々強まっている。中国の「一帯一路」の世界規模での拡大に加え、東シナ海~南シナ海~インド洋への急速な海洋進出の陰に隠れがちな同国の国内経済の実態を正確に把握すべく、昔から中国指導部自身が信憑性に疑念を抱いている公式発表の数字に加え、IMF、世界銀行など第三者の数字と照らし合わせながら真相を究明しつつ、「是々非々」の付き合いをしていくことが肝要である。

No タイトル 投稿者 日時
4248 (連載2)欧州で日本の人口減少を考える ←  (連載1)欧州で日本の人口減少を 篠田 英朗 2018-09-21 10:54
4247 安倍はひしめく重要日程で成果を 杉浦 正章 2018-09-21 05:53
4246 (連載1)欧州で日本の人口減少を考える 篠田 英朗 2018-09-20 12:39
4245 民主主義を正しく機能させるには 船田 元 2018-09-19 10:14
4244 安倍3選につけいる隙がない自民総裁選 杉浦 正章 2018-09-19 05:29
4243 移民反対の正当な根拠とは 倉西 雅子 2018-09-18 12:33
4242 略奪が起きない日本の姿を世界に発信せよ 中村 仁 2018-09-14 13:40
4241 (連載2)停滞が続く米朝交渉 ←  (連載1)停滞が続く米朝交渉 古村 治彦 2018-09-13 13:53
4240 (連載1)停滞が続く米朝交渉 古村 治彦 2018-09-12 16:06
4239 党員・党友票でも安倍が優勢 杉浦 正章 2018-09-11 05:54
4238 疑問符が付く安倍対露外交 鍋嶋 敬三 2018-09-10 09:55
4237 安倍首相はウラジオストクでプーチン大統領と何を話すのか 飯島 一孝 2018-09-07 15:02
4236 (連載2)カスピ海サミットと問われる日本人の国際感 ←  (連載1)カスピ海サ 袴田 茂樹 2018-09-06 16:04
4235 トランプ暴露本の波紋広がる 杉浦 正章 2018-09-06 05:50
4234 (連載1)カスピ海サミットと問われる日本人の国際感覚 袴田 茂樹 2018-09-05 13:41
4233 台湾呼称問題について考える 山崎 正晴 2018-09-03 23:48
4232 中東の優等生・トルコの混乱 船田 元 2018-09-03 16:26
4231 シンガポールに学ぶ「民主主義」 四方 立夫 2018-08-31 09:53
4230 ”グローバリズムの格差是正は再分配で”は正しいのか 倉西 雅子 2018-08-29 11:30
4229 日本外交はどうあるべきか 篠田 英朗 2018-08-28 11:21

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]