e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
日欧、リベラルな国際秩序を主導   
投稿者:鍋嶋 敬三 (神奈川県・男性・評論家・70-79歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-07-25 12:00 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.4208
 日本と欧州連合(EU)は7月17日、世界最大規模の経済連携協定(EPA)に署名した。世界の国内総生産(GDP)の約4割、貿易量の約3割を占める先進国経済による巨大な自由貿易圏が誕生する。アジア太平洋地域の環太平洋経済連携協定(TPP11)も3月に署名、メキシコ、日本に続きシンガポールも国内手続を完了した。二つとも2019年早期の発効を目指す。「米国第一主義」のD.トランプ米政権が保護主義政策を強行している中での合意で、自由貿易体制の崩壊に対する「防波堤」としての役割に大きな期待がかかる。安倍晋三首相はD.トゥスク大統領らEU首脳との共同会見で「自由貿易の旗手として世界をリードしていく政治的意志を示すもの」と強調した。

 自由貿易推進という目的のほかに日欧合意のもうひとつの大きな意義は、第二次世界大戦後に米欧が主導してきたリベラルな国際秩序を守るという政治的な側面である。EPAとともに、42分野に及ぶ包括的な政治協力をまとめた戦略的パートナーシップ協定(SPA)も結んだ。日本とEUは自由主義、民主主義、人権、法の支配など普遍的価値を共有している。署名式に来日したJ.C.ユンケル欧州委員長は「貿易とは、関税や障壁以上のものである。価値観、信条(values, principles)が重要である」と語った。「逆トランプ効果」と言うべきか。保護主義への危機感からアジア太平洋と欧州の間で日本を軸として自由貿易の機運が高まり、困難を極めた交渉が高いハードルを乗り越えて協定署名から発効へと加速している。

 日本外交にとっては日米同盟関係を基軸としつつも、その翼を広げる好機になっている。戦後の日本外交は第一に、戦後処理から始まったアジアが出発点だ。賠償から政府開発援助(ODA)へと東南アジア諸国連合(ASEAN)を中心に経済発展に寄与してきた。良好な関係のおかげで国連安全保障理事会の非常任理事国の選挙ではアジア枠を他国から譲り受けたことも再三だった。この十年間の中国による南シナ海、東シナ海への攻撃的な進出を目の当たりにして、安倍首相が主導してきたインド太平洋戦略の重要性にインドやフランスも注目するようになった。第二に、日本の対米一辺倒からの脱却がトランプ政権の「米国第一主義」の逆説として浮上する。日米安保同盟が日本外交の基軸であることに変わりはない。特に、中国や北朝鮮、さらにはロシアの軍事的圧力が強まる中では、その重要性は言うまでもない。しかし、米国の「利益第一」のトランプ・ドクトリンは日本側の「日米第一主義」を打ち壊すには十分であった。

 米国の単独行動主義(ユニラテラリズム)はトランプ大統領に限らず、歴史上しばしば現れる。しかし、国際協調よりも「自国第一」が行動原理になる場合、条約に基づいた同盟関係すらないがしろにされる危険は否定できない。トランプ政権下で「同盟のデカプリング(引き離し)」がしばしば論ぜられるのはこのためだ。最近の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議でトランプ大統領が対ロシア戦略上最も重要な位置を占めるドイツをあしざまに攻撃したのは好例である。第三に、そこで日本の選択肢として改めて登場するのが欧州である。150年前の明治維新後、急速に西欧の文化、文明を吸収することで近代国家として日本は急激に発展を遂げることができた。政治、経済、法、教育など社会の根幹となる制度設計において自由、民主主義、人権、法の支配など西欧近代社会の基礎をなす原理が日本に根付いたのだった。ユンケル委員長が指摘した「価値観や信条」の重要性は日欧関係の本質を突いたものである。

No タイトル 投稿者 日時
4290 北方領土と日ロ平和条約締結問題 橋本 宏 2018-11-15 11:50
4289 危うい歯舞、色丹の「2島先行返還論」 杉浦 正章 2018-11-15 06:47
4288 ヨーロッパの良識のピンチ 船田 元 2018-11-14 10:14
4287 シエラレオネについて考える 篠田 英朗 2018-11-13 13:42
4286 日本の海洋安保プレゼンスに評価 鍋嶋 敬三 2018-11-12 12:11
4285 (連載2)プーチン氏の平和条約提言の問題点 ←  (連載1)プーチン氏の平和条 袴田 茂樹 2018-11-08 13:31
4284 トランプが直面する「決められない政治」 杉浦 正章 2018-11-08 06:17
4283 (連載1)プーチン氏の平和条約提言の問題点 袴田 茂樹 2018-11-07 11:58
4282 香港「一国二制度」は終焉間近か 四方 立夫 2018-11-06 17:00
4281 危機に直面する自由貿易体制 船田 元 2018-11-05 14:14
4280 アメリカでの奨学金削減と中国の留学生誘致 古村 治彦 2018-11-02 13:48
4279 日中 「第三国でのインフラ開発協力」は経済原則に則って 四方 立夫 2018-11-01 10:00
4278 新聞の社会的役割が終わる日 中村 仁 2018-10-31 11:43
4277 中国の対日大接近は「強国路線」の一環 杉浦 正章 2018-10-30 04:36
4276 日本主導のTPPがイギリスの危機を救う 赤峰 和彦 2018-10-29 13:10
4275 英中および英欧関係に関して三船恵美教授に質問 ←  (連載2)中国・欧州関係か 河村 洋 2018-10-26 23:17
4274 「一帯一路」構想と日本のインフラ支援 倉西 雅子 2018-10-26 17:50
4273 サウジの米、トルコとの軋轢深刻化 杉浦 正章 2018-10-25 06:29
4272 鄧小平の柔らかな手 鍋嶋 敬三 2018-10-24 12:02
4271 わが国の北極戦略はどうあるべきか 四方 立夫 2018-10-23 13:37

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]