e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
秩序破壊に暴走するトランプ外交   
投稿者:鍋嶋 敬三 (神奈川県・男性・評論家・70-79歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-06-25 10:53 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.4183
 「米国第一主義」の米トランプ外交が任期半ばの中間選挙(11月)に向け暴走のスピードを上げている。世界の安定と平和維持の要となってきた西側同盟関係にきしみを生じさせ、不公正貿易を正すとして制裁関税を課しては報復を招く泥仕合が止まらない。国際協定や制度から一方的に離脱してリベラルな国際秩序を自ら破壊している。トランプ外交の原理は長期的展望に立つ戦略に基づくものというよりも安全保障も国際経済もカネの尺度で判断し、個々の取引が米国の国益にかなうかどうかである。その外交展開の最大の被害者は同盟国と米国の消費者であり、勝者は米国と覇権を争う中国に外ならない。

 「歴史的な」米朝首脳会談(6月12日)を終えたD.トランプ米大統領は記者会見で恒例の米韓合同軍事演習の中止を発表した。韓国には寝耳に水だったろう。その理由として挙げたのが、北朝鮮に対して「非常に挑発的だから」であり、中止によって「莫大なカネが節約できる」からであった。「非核化」の見返りのないまま、北朝鮮にアメを先に提供した。「非核化」の交渉が米国の思惑通りに進まないからといって演習を再開すれば、北は「米国の新たな挑発」と攻撃し交渉に応じる対価の要求をつり上げるだろう。これは北朝鮮の常套手段である。トランプ氏は二重取りの餌をまいたに等しい。「非核化」に伴う米朝関係正常化においても日本や韓国を当てにした対北援助の姿勢を示している。「非核化」の工程表も期限も全く不明のまま、大量破壊兵器やミサイルで武装する北朝鮮が相手である。トランプ大統領は日本や韓国という最も重要な同盟国との関係にきしみを生じさせないよう特別な配慮を払わなければならない。それが米国自身の戦略的な利益にかなうからである。

 トランプ政権が3月23日に鉄鋼やアルミ製品の輸入品に高率の関税を課すと発表してから3ヶ月。欧州連合(EU)やカナダ、メキシコ、中国、インドなどが各種の米国からの輸入品に報復の追加関税を表明。日本も世界貿易機関(WTO)に対抗関税の準備を通知した。トランプ大統領は6月18日、知的財産権の侵害を理由に2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に10%の追加関税の検討を発表、中国側も即時、報復措置を表明した。6月初旬、カナダでの主要国(G7)首脳会議は日欧と米国の対立が激化、先進国の結束の乱れが露わになった。これは中国やクリミア併合で西側から制裁を受けているロシアを喜ばせるだけだ。新興国だけでなく先進国も巻き込んだ貿易戦争はリーマンショック後、ようやく回復してきた世界経済に深刻な打撃を与えることは必至である。特に世界第一と第二の経済大国である米中両国の対立激化がもたらす影響は計り知れない。

 トランプ外交は国際的な機構や制度にも破壊力を加えている。大統領就任時の2017年1月の環太平洋連携協定(TPP)離脱宣言に始まって、気候変動の「パリ協定」、ユネスコ、イラン核合意そして6月の国連人権理事会からの離脱表明と立て続けである。米国が第二次世界大戦後、欧州の先進諸国とも協力して築き上げてきたリベラルな国際秩序が危機に瀕している。人権理事会からの脱退について中国は「国際人権事業の健全な発展のために貢献する」(外務省報道官)と見得を切った。チベットなど少数民族の容赦ない圧迫、人権活動家に対する弾圧を続ける国が口にするのは笑止千万という他はない。中国はトランプ政権の保護貿易主義に対しても「自由貿易の旗振り役」をアピールした。トランプ大統領の選挙対策最優先の「米国第一主義」が世界の中で米国の孤立を招いている。自ら失点を差し出すオウンゴールが続けば、待っているのはトランプ氏が主張する「偉大なアメリカ」ではなく、自由世界のリーダー自滅への道である。

No タイトル 投稿者 日時
4204 我が国の災害報道はどうあるべきか 赤峰 和彦 2018-07-20 17:45
4203 死刑制度と国民投票について 船田 元 2018-07-19 13:30
4202 財政が背負う三重苦を乗り切れるか 中村 仁 2018-07-19 13:26
4201 “老人性血気”にはやる小沢と小泉 杉浦 正章 2018-07-18 06:33
4200 米ロ首脳会談と世界秩序の行方 河村 洋 2018-07-16 13:25
4199 はやぶさ2への期待 船田 元 2018-07-13 10:43
4198 死刑制度をめぐる議論と憲法9条 篠田 英朗 2018-07-12 18:36
4197 貿易戦争には「利」をもって応えよ 四方 立夫 2018-07-11 12:30
4196 安倍一強にないないづくしの候補ら 杉浦 正章 2018-07-10 05:20
4195 不確実性増大、トランプの陥穽 鍋嶋 敬三 2018-07-09 11:13
4194 わが国の死刑制度について感じたこと 犀川 幸雄 2018-07-07 22:36
4193 我々は沖縄戦と島守の塔の存在を忘れてはならない 船田 元 2018-07-05 15:02
4192 米に北の「非核化」に対する懐疑論 杉浦 正章 2018-07-05 06:48
4191 トランプ大統領はなぜ国連人権理事会を離脱したか 赤峰 和彦 2018-07-04 20:22
4190 中国国内経済に要注意 四方 立夫 2018-07-02 11:02
4189 (連載2)マクロン大統領は西側の道徳的普遍性を代表 ←  (連載1)マクロン大 河村 洋 2018-06-30 23:55
4188 (連載1)マクロン大統領は西側の道徳的普遍性を代表できるか 河村 洋 2018-06-29 23:15
4187 党首討論は存在意義を問われる、抜本改革を 杉浦 正章 2018-06-28 06:29
4186 長島昭久先生のご提言に賛同します ←  (連載1)米朝首脳会談後の日本外交 四方 立夫 2018-06-27 14:47
4185 今こそ、新しい国際的枠組み「G11」を設立すべきだ 松井 啓 2018-06-27 11:20

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]