e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
米朝交渉、大局観が肝要だ   
投稿者:鍋嶋 敬三 (神奈川県・男性・評論家・70-79歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-05-28 15:10 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.4163
 D.トランプ米大統領が6月12日に設定した金正恩朝鮮労働党委員長との史上初の首脳会談の中止を発表(5月24日)、世界は騒然となった。最近の北朝鮮高官による対米強硬発言でトランプ氏が硬化、文在寅韓国大統領との会談(同22日)の直後に中止を宣言した。慌てた金氏は25日に文氏に2回目の南北首脳会談を申し入れ、26日の板門店会談で改めて「非核化」の意思を表明、米朝会談への「強い意欲」を明らかにした。これを受けた形でトランプ氏が直ちに予定通りのシンガポール会談への期待を示し、27日には米朝実務者協議に入るという実に目まぐるしい展開である。しかし、25年間に及ぶ北朝鮮の核問題が簡単に解決するわけではない。紆余(うよ)曲折は当然のことで、一喜一憂せずアジアの安全保障を大局的に見る構えが肝要である。

 北朝鮮の強硬姿勢の背景には中国の影響があったとトランプ大統領は述べている。5月7、8日の中国・大連での習近平国家主席と金氏との第2回会談後に北朝鮮に変化が現れた。そもそも3月8日にトランプ氏が即決で受け入れを決めた首脳会談に準備のできていなかった北朝鮮は大いに戸惑ったに違いない。3月下旬には関係が悪化していた中国に初めて「駆け込み訪問」した後、わずか1ヶ月半で再訪中という異例の動きである。日米韓が突き付けている「完全で検証可能、不可逆的な非核化(CVID)」の高い要求に直面して中国に助けを求めたのであろう。2回目の訪中後に「軟」から「硬」に転じた。中国の後ろ盾があれば乗り切れると過信したかもしれない。そうだとすれば誤算だ。トランプ氏はそれを許さなかった。2回目の中朝首脳会談後についてトランプ氏は「態度が少し変わった」と指摘、「それが気に入らない(I don’t like that.)」と3回も繰り返した。

 米朝交渉は正に「現在進行形」で進んでいる。丁々発止の渡り合いは国際交渉では珍しくもないが、国家の最高指導者がかかわるあからさまなせめぎ合いは異例だ。交渉の核心である「非核化」の定義すら北朝鮮の言う「朝鮮半島」と米国の主張する「北朝鮮」という対象地域ですら異なる。その道筋についても、米国が「一気に」または「極めて短期間に」(トランプ氏)に対して北朝鮮は「段階的、同時並行的な措置」と見返りを前提にしており、終着駅は見えない。これまでの北朝鮮を相手にした終わりのない交渉になるのか、まずは首脳会談のスタート時点での合意が占うことになる。ことは米朝、中朝、米中、南北関係を巡る駆け引きであるが、21世紀アジアの勢力圏の行方を左右する重要な意味を持つ交渉である。

 日本がこれに無関心、無関係ではあり得ない。第一に北朝鮮の核・弾道ミサイルの配備は日本の安全保障に直接かかわる軍事戦略上の危機である。第二に朝鮮半島の将来の政治体制がどうなるかは重大な問題であり、明治以来、150年間の近代日本の政治、外交に深い関わりがある。日清、日露戦争の原因とそれがもたらした結果、および第二次大戦後の南北分割と朝鮮戦争を見れば一目瞭然だ。第三に半島を巡る大国間の覇権争いがその都度戦争に結びついてきた。米朝交渉の歴史的意味もそこにある。寒心に堪えないのは、ことの重大さに対する国民的認識の希薄さである。国家、国民の安全に対する責任は行政府(内閣)だけにあるのではない。国権の最高機関である国会の責任はとてつもなく大きい。しかし、その国会は「モリ・カケ」問題に終始して国家の危機に目をつぶってきた。日本独自の影響力を発揮しようという気概も意欲もない国が発言力を持ち得ないことは1兆円以上の負担をしたが、感謝もされなかった湾岸戦争で証明済みだ。トランプ氏は早くも「韓国、中国、日本は非常に多額の資金を投じて北朝鮮を助ける意向だと信じる」(5月22日)と国名を挙げて予告している。

No タイトル 投稿者 日時
4269 ノーベル平和賞と国際法の正義 篠田 英朗 2018-10-18 11:11
4268 日米で始動する新貿易協議の行方 古村 治彦 2018-10-16 16:59
4267 (連載2)中国・欧州関係から日本の安保への影響を考 ←  (連載1)中国・欧州 三船 恵美 2018-10-16 10:19
4266 首相は為政者の義務感から消費増税決断 杉浦 正章 2018-10-16 05:35
4265 (連載1)中国・欧州関係から日本の安保への影響を考える 三船 恵美 2018-10-15 10:22
4264 進化する日米同盟 四方 立夫 2018-10-12 11:01
4263 (連載2)デービッド・フラム著『Trumpocra ←  (連載1)デービッド 河村 洋 2018-10-11 10:26
4262 ピントが問題の小泉小じゅうと発言 杉浦 正章 2018-10-10 05:01
4261 (連載1)デービッド・フラム著『Trumpocracy』から見た米国政治 河村 洋 2018-10-10 02:49
4260 羽田新ルート問題で欠けている議論 橋本 宏 2018-10-09 17:43
4259 尖閣防衛に注目の日米統合作戦論 鍋嶋 敬三 2018-10-09 12:52
4258 サイバー犯罪と無法社会 山崎 正晴 2018-10-05 11:22
4257 SNS事業者が「私的検閲機関」になる日 倉西 雅子 2018-10-04 12:12
4256 改憲へ大きくシフト:第4次改造内閣 杉浦 正章 2018-10-03 05:51
4255 憲法は一から作り直すべきだ 赤峰 和彦 2018-10-02 11:22
4254 安倍3選めぐる新聞論調の内向き志向 中村 仁 2018-10-01 13:24
4253 トランプのごり押しに手をこまねく必要はない 杉浦 正章 2018-09-28 06:39
4252 進む韓国の米国離れ 古村 治彦 2018-09-27 11:56
4251 篠田英朗教授の「欧州で日本の人口減少を考える」に思 ←  (連載1)欧州で日本 加藤 成一 2018-09-26 10:45
4250 秩序転換期に「強靱な日本」目指せ 鍋嶋 敬三 2018-09-25 11:04

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]