e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載1)「世界との対話」および「日米対話」に参加して   ツリー表示
投稿者:河村 洋 (東京都・男性・外交評論家・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-03-15 01:16  
>>>この投稿にコメントする
No.4108
 さる2月28日開催、日本国際フォーラム、グローバル・フォーラムおよび仏国際関係戦略研究所との共催による、世界との対話「ユーラシア2025:ポスト・パワーシフトの地政学」と、さる3月2日開催、日本国際フォーラム、グローバル・フォーラムおよび米カーネギー国際平和財団との共催による日米対話「チャイナ・リスクとチャイナ・オポチュニティ:「自由で開かれたインド太平洋戦略へのインプリケーション」にそれぞれ参加させていただいた。両「対話」では、参加者各位から多くの有意義な質問が寄せられるなど、活発な議論が展開されており、大変勉強になりました。特に印象に残った質問としては、日本国際フォーラム上席研究員の坂本正弘氏による「アメリカは依然として中国よりもロシアの脅威を重視していて、日本とは意識の差があるのではないか?」という問題提起でした。両「対話」に参加する前から、私は中国を世界秩序への最重要脅威の一つと見ていましたが、それが東アジアという地域限定からグローバルなものになっているとの認識を深めました。そのような背景を念頭に、改めてロシアと中国の脅威について、本稿で再検討してみたいと思います。

 まずロシアについては、ウラジーミル・プーチン現大統領が何らかの形で権力を掌握し続ける間は重大な脅威であり続けると思われます。その理由として第一に挙げるべきは西側民主国家への選挙介入で、これは国家の存続の根本を揺るがすものです。先のアメリカ大統領選挙でのロシア疑惑が世界のメディアを賑わせていますが、それ以前にプーチン政権はヨーロッパでハンガリーやチェコなどナショナリスト政権の誕生を支援してきました。これらの国々は冷戦直後には旧共産主義から民主主義と市場経済への移行の成功例とされてきただけに、事態はトランプ政権の誕生やフランス、ドイツ、オランダでの極右勢力の伸長以上に深刻です。第二にはシリア内戦への介入でロシアが海外での軍事活動での実績を挙げたことです。そしてロシアは中東での地歩を固めてしまい、彼の地でのアメリカのプレゼンスを相対的に低下させてしまいました。第三にはクリミア併合に見られるような非対称戦争での勝利が挙げられます。

 これらはいずれも西側の防衛体制の虚を突いたものであり、第二の超大国に伸し上がる可能性が議論される中国でさえ成し得ぬ成果です。まさに旧KGB出身のプーチン大統領ならではの所業と言えるでしょう。その一方でロシアの現体制が崩壊した場合、ソ連時代から積み上げた高度な軍事技術が中国に代表される他のリビジョニスト・パワーに流出する恐れがあります。具体例を挙げれば中国には航空宇宙用のエンジン技術がないので、「国産戦闘機」といえどもロシア製のものを使用せざるを得ません。また、空母「遼寧」も元は旧ソ連からウクライナに渡った艦船を中国が買い取ったものです。そうして見ると今後の動向はどうあれ、欧米も日本もロシアをやがて衰退してゆく国と見なして安心していられるとは思えません。そもそもプーチン氏のようなナショナリストの登場は、ソ連崩壊時に西側がロシアの弱体化に安心してしまったツケが回ったものと思われます。

 そして両「対話」の中心テーマとなった中国については安全保障上の脅威には日米を中心に厳しく対処してゆきながら、彼の地での経済的な機会は我々も利用してゆくべきではないかという論点から議論が深められました。安全保障に関しては東シナ海および南シナ海での「航行の自由」作戦、そしてインド太平洋地域での中国による港湾整備や海軍基地建設に関して活発な議論が交わされましたが、ここでは詳細を割愛いたします。ただ私としては、中国側との政治および社会的な価値観の違いを埋めきることなしに国際社会が中国との実利的な関係を築くことは容易ではないと思っています。それが典型的に表れているのが彼の地で度々起きている日本企業駐在員の逮捕事件で、中には中国共産党側の政治的な理由でスパイ容疑に仕立て上げられたと疑われるものもあります。(つづく)

No タイトル 投稿者 日時
4290 北方領土と日ロ平和条約締結問題 橋本 宏 2018-11-15 11:50
4289 危うい歯舞、色丹の「2島先行返還論」 杉浦 正章 2018-11-15 06:47
4288 ヨーロッパの良識のピンチ 船田 元 2018-11-14 10:14
4287 シエラレオネについて考える 篠田 英朗 2018-11-13 13:42
4286 日本の海洋安保プレゼンスに評価 鍋嶋 敬三 2018-11-12 12:11
4285 (連載2)プーチン氏の平和条約提言の問題点 ←  (連載1)プーチン氏の平和条 袴田 茂樹 2018-11-08 13:31
4284 トランプが直面する「決められない政治」 杉浦 正章 2018-11-08 06:17
4283 (連載1)プーチン氏の平和条約提言の問題点 袴田 茂樹 2018-11-07 11:58
4282 香港「一国二制度」は終焉間近か 四方 立夫 2018-11-06 17:00
4281 危機に直面する自由貿易体制 船田 元 2018-11-05 14:14
4280 アメリカでの奨学金削減と中国の留学生誘致 古村 治彦 2018-11-02 13:48
4279 日中 「第三国でのインフラ開発協力」は経済原則に則って 四方 立夫 2018-11-01 10:00
4278 新聞の社会的役割が終わる日 中村 仁 2018-10-31 11:43
4277 中国の対日大接近は「強国路線」の一環 杉浦 正章 2018-10-30 04:36
4276 日本主導のTPPがイギリスの危機を救う 赤峰 和彦 2018-10-29 13:10
4275 英中および英欧関係に関して三船恵美教授に質問 ←  (連載2)中国・欧州関係か 河村 洋 2018-10-26 23:17
4274 「一帯一路」構想と日本のインフラ支援 倉西 雅子 2018-10-26 17:50
4273 サウジの米、トルコとの軋轢深刻化 杉浦 正章 2018-10-25 06:29
4272 鄧小平の柔らかな手 鍋嶋 敬三 2018-10-24 12:02
4271 わが国の北極戦略はどうあるべきか 四方 立夫 2018-10-23 13:37

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]