e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載2)変容するユーラシア国際環境と日本の対応 ← (連載1)変容するユーラシア国際環境と日本の対応  ツリー表示
投稿者:渡邊 啓貴 (東京都・男性・東京外国語大学教授・60-69歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-11-21 11:09 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.4018
 ロシアとコーカサスおよび中央アジアとの関係においては、ユーラシア経済同盟(ロシア・ベラルーシ・カザフスタン・アルメニア・キルギス)と集団安全保障機構(+タジキスタン)の二つが中心的な地域機構です。ウズベキスタンやアゼルバイジャンはいずれにも加盟していませんがロシアとの親しい二国間関係を保っています。中央アジア諸国は親露的かつ比較的中国にも好意的な地域であるとされています。コーカサス地域は中立・バランス外交(アゼルバイジャン)、親露(アルメニア)、ジョージア(親米欧)のような立場があります。しかし親米欧的と考えられている諸国でも対露感情は複雑で、ウクライナやジョージアでもロシアに対する親近感やソ連を懐かしむ感情の共有も無視できないと考えられています。

 最後に、EUからみたユーラシアです。まず、EUの対露姿勢についてですが、伝統的に、EUにはロシアに対するアンビバレントな感覚があります。それは対米・対中外交とのバランスをとるという政策的判断の側面もあります。ただしEUは、今世紀に入り、プーチン政権下のロシアが展開するエネルギー大国化と強硬な対外攻勢に対し警戒感を深める傾向にあります。とくにウクライナ危機以降、この傾向は顕著であり、EUは対露制裁の強化を図っています。とはいえ、例えばドイツのシュレーダー元首相がロシア石油企業の幹部であるなど、このあたりは微妙です。

 また、EUの対中姿勢についてですが、EUは2012年習近平の「中国の夢」演説以降、中国のユーラシアへの拡大政策については警戒感を高めています。なかでも中国と欧州との多国間での経済協力枠組みに「16プラス1」というものがありますが、この枠組み自体が、中国によるEU分断政策と考える向きもあり、警戒感は一層強まっています。そのような中、EUは、その近隣政策の延長として中央アジア諸国との関係緊密化に努めており、2007年の「EUと中央アジアの新しいパートナーシップのための戦略」を嚆矢として民主化推進、人権・グッドガバナンス、安全保障・テロ対策、エネルギー・インフラ運輸部門での支援協力を進めています。

 以上をまとめると、次の通りとなります。すなわちユーラシアでは、米国の後退と中国の影響力の拡大という大きなうねりの中で、プーチン・ロシアが対米欧自立外交を推進しており、戦略的な中ロ接近という状況が生じています。これに対し、EUが、東方拡大の延長上で旧ソ連圏へのアプローチを積極化させようとしています。これが現在のユーラシアで生じつつある、新たなパワーバランスの大まかな方向性です。本稿では、この地域のもう一つの大国インドおよび中東については言及しませんでしたが、この二つの地域パワーについても、目配りする必要があるでしょう。問題は、このような地政学的状況において、日本はいかなる対ユーラシア外交を展開すべきかです。現状、日本の対ユーラシア外交については、地域別にばらつきがある印象を受けます。深くコミットしている地域もあれば、ほとんど外交的接触のない地域もあるように思います。今後日本外交の重点をユーラシア全体の中でどのように配分していくかということについて、戦略的な検討が要される所以です。(おわり)

No タイトル 投稿者 日時
4204 我が国の災害報道はどうあるべきか 赤峰 和彦 2018-07-20 17:45
4203 死刑制度と国民投票について 船田 元 2018-07-19 13:30
4202 財政が背負う三重苦を乗り切れるか 中村 仁 2018-07-19 13:26
4201 “老人性血気”にはやる小沢と小泉 杉浦 正章 2018-07-18 06:33
4200 米ロ首脳会談と世界秩序の行方 河村 洋 2018-07-16 13:25
4199 はやぶさ2への期待 船田 元 2018-07-13 10:43
4198 死刑制度をめぐる議論と憲法9条 篠田 英朗 2018-07-12 18:36
4197 貿易戦争には「利」をもって応えよ 四方 立夫 2018-07-11 12:30
4196 安倍一強にないないづくしの候補ら 杉浦 正章 2018-07-10 05:20
4195 不確実性増大、トランプの陥穽 鍋嶋 敬三 2018-07-09 11:13
4194 わが国の死刑制度について感じたこと 犀川 幸雄 2018-07-07 22:36
4193 我々は沖縄戦と島守の塔の存在を忘れてはならない 船田 元 2018-07-05 15:02
4192 米に北の「非核化」に対する懐疑論 杉浦 正章 2018-07-05 06:48
4191 トランプ大統領はなぜ国連人権理事会を離脱したか 赤峰 和彦 2018-07-04 20:22
4190 中国国内経済に要注意 四方 立夫 2018-07-02 11:02
4189 (連載2)マクロン大統領は西側の道徳的普遍性を代表 ←  (連載1)マクロン大 河村 洋 2018-06-30 23:55
4188 (連載1)マクロン大統領は西側の道徳的普遍性を代表できるか 河村 洋 2018-06-29 23:15
4187 党首討論は存在意義を問われる、抜本改革を 杉浦 正章 2018-06-28 06:29
4186 長島昭久先生のご提言に賛同します ←  (連載1)米朝首脳会談後の日本外交 四方 立夫 2018-06-27 14:47
4185 今こそ、新しい国際的枠組み「G11」を設立すべきだ 松井 啓 2018-06-27 11:20

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]