e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
日本国際フォーラム設立30周年記念シンポジウムに出席して   
投稿者:池尾 愛子 (東京都・女性・早稲田大学教授・60-69歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-11-03 11:39 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.4000
 さる2017年11月1日(水)に日本国際フォーラム設立30周年記念シンポジウム「パワー・トランジション時代の日本の総合外交戦略」が都内ホテルで開催された。伊藤憲一代表理事・会長の挨拶により、30年前の1987年までに、シンクタンクの設立が海外で相次いでおり、日本でもその必要性が認識されて、同年3月に日本国際フォーラム設立に至った経緯が紹介された。設立当初、経済問題になるが、貿易摩擦問題に質的な変化が起こっていたことが、当時日本側の対応の中心にいて、日本国際フォーラム設立にかかわった大来佐武郎氏の『アメリカの論理 日本の対応―日米摩擦20年の記録―』(1989)から読み取れる。

 1980年代、一方で日本に対して、大幅な経常黒字だけではなく、西側欧米諸国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の各国別の経常収支における黒字までが批判の的とされるようになっていた。他方で韓国に対しては、日本は不公正貿易の批判をするという初めての経験をした。アメリカやフランスとの間では、安全保障や将来の技術開発に絡む問題として、先端工業製品の輸出が摩擦の対象となった。1984~85年には対外経済問題諮問委員会が、1985~86年には国際協調のための経済構造調整研究会が動き、大来氏は両方に参加していた。後者の報告書は座長の名前をとって「前川レポート」と呼ばれ、世の中でよく知られるようになる。

 今回のシンポジウムでは、日本国際フォーラムが大型研究プロジェクト「パワー・トランジション時代の日本の総合外交戦略」を3年計画で始動させたことが改めて紹介された。このプロジェクトは4つの分科会「チャイナ・リストとチャイナ・オポチュニティ」(主査:神谷万丈・防衛大学校教授)、「ユーラシア国際戦略環境と日本の大国間外交」(主査:渡邊啓貴・東京外国語大学教授)、「『地経学』時代の日本の経済外交」(主査:河合正弘・東京大学特任教授)、「新段階を迎える日本の海洋戦略」(主査:伊藤剛・明治大学教授)からなり、4つの分科会の主査からそれぞれ現状認識と探りつつある方向性が冷静にかつ熱く語られた。そして4人のリード・コメンテーターが続くという刺激的な構成であった。もちろん、日本国際フォーラムで研究が進むプロジェクトは、これ以外にもあることもうかがえた。

 世界に、東アジアに、質的な転換点が到来していることが改めてうかがえた。中国の台頭、アメリカでのトランプ政権の誕生で、30年前とは異なり、国際政治や安全保障面での考察がいっそう求められる状況になっていることがわかる。1年前、個人的には、「民主党政権が3期連続してつづくことがあるのだろうか」という思いで大統領戦を見守っていた。選挙の結果、共和党政権が誕生したものの、トランプ大統領の考えていることがわかりにくく、シンクタンク側が政策提言を提出しにくい状況が発生しているとのことであった。不確実性、不透明性が高いものの、中国経済の成長は続いてゆきそうだとの見方では一致しているように思われた。もちろん、ヨーロッパ等との協力も話に出ていた。何人かの外国人が本シンポジウムに出席していたが、どのような感想を持たれたことであろうか。

No タイトル 投稿者 日時
4200 米ロ首脳会談と世界秩序の行方 河村 洋 2018-07-16 13:25
4199 はやぶさ2への期待 船田 元 2018-07-13 10:43
4198 死刑制度をめぐる議論と憲法9条 篠田 英朗 2018-07-12 18:36
4197 貿易戦争には「利」をもって応えよ 四方 立夫 2018-07-11 12:30
4196 安倍一強にないないづくしの候補ら 杉浦 正章 2018-07-10 05:20
4195 不確実性増大、トランプの陥穽 鍋嶋 敬三 2018-07-09 11:13
4194 わが国の死刑制度について感じたこと 犀川 幸雄 2018-07-07 22:36
4193 我々は沖縄戦と島守の塔の存在を忘れてはならない 船田 元 2018-07-05 15:02
4192 米に北の「非核化」に対する懐疑論 杉浦 正章 2018-07-05 06:48
4191 トランプ大統領はなぜ国連人権理事会を離脱したか 赤峰 和彦 2018-07-04 20:22
4190 中国国内経済に要注意 四方 立夫 2018-07-02 11:02
4189 (連載2)マクロン大統領は西側の道徳的普遍性を代表 ←  (連載1)マクロン大 河村 洋 2018-06-30 23:55
4188 (連載1)マクロン大統領は西側の道徳的普遍性を代表できるか 河村 洋 2018-06-29 23:15
4187 党首討論は存在意義を問われる、抜本改革を 杉浦 正章 2018-06-28 06:29
4186 長島昭久先生のご提言に賛同します ←  (連載1)米朝首脳会談後の日本外交 四方 立夫 2018-06-27 14:47
4185 今こそ、新しい国際的枠組み「G11」を設立すべきだ 松井 啓 2018-06-27 11:20
4184 米朝首脳会談とその後 船田 元 2018-06-26 11:24
4183 秩序破壊に暴走するトランプ外交 鍋嶋 敬三 2018-06-25 10:53
4182 (連載2)米朝首脳会談後の日本外交 ←  (連載1)米朝首脳会談後の日本外交 長島 昭久 2018-06-22 10:32
4181 (連載1)米朝首脳会談後の日本外交 長島 昭久 2018-06-21 10:30

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]