e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム

<前 | 最新次>    [ スレッド一覧 | タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載)ケナンの米占領政策批判(2) ← (連載)ケナンの米占領政策批判(1)
投稿者:奈須田敬 (東京都・男性・並木書房取締役会長・月刊「ざっくばらん」編集長・80-89歳) [投稿履歴]
投稿日時:2008-07-20 11:53 [修正][削除]
685/4290
 まず農地改革について、それ自身建設的で望ましいものであったが、日本の農耕地の約3分の1を対象としたもので、日本政府にこの広大な土地を再分配のため購入させるというものであった。しかし、購入された土地のわずか7分の1だけが、当時の時点までに売却されたにすぎなかった。結果的には、農地所有関係に大きな混乱と不安をもたらしただけと言われても仕方のないものであった。

 工業面についてて、SCAPはほとんど異常なほどの熱心さで、トラスト(企業合同)解体の理念を抱いていた。すでに、ワシントンの司法省反トラスト局に対して強力な意見具申が行われていた。最も強大な企業のいくつかを含めて、およそ260の企業が、「経済力の不当集中」と指定された。これらの企業の株式は、多くの場合、SCAPの指令に基づいて政府に接収され、理屈上は、再売却されることになっていたが、いったい誰に再売却されるのかは、はっきりしていなかった。「その間、企業は不安な状態のままなお存続し、その不安状態が経営者のイニシャティブと自信に深刻な打撃を与えずにはおかなかった。これらの措置がとられる基となったイデオロギー的な観念は、『資本主義的独占』の害悪に関するソビエトの観念と全く似ており、こうした措置そのものは、日本の将来の共産化に関心を持つものにだけ高く評価されるものであった。日本の復興に彼ら(SCAP)がどれだけの関心を持っていたかはあまり明らかではなかった」と、ケナンは述べている。

 いみじくもケナンが指摘したように、「改革」という名の「資本主義廃絶」政策が「自由」「民主」「人権」の名を借りて堂々と罷り通っていたのである。それをSCAPの中で推進していたのが、マッカーサー麾下の民政局(ホイットニー局長、少将)であり、経済科学局(マーカット局長、少将)であったが、かれらの「やり口」をにがにがしげに見守るだけでなく、ひそかに反撃の綱をひろげていたのが、同じマッカーサー元帥の腹心、情報局(ウィロビー少将、局長)であった。ケナンの占領政策批判はまだつづく。日本国民の知らないところで、日本の歴史は変わりつつあったのである。(おわり)
スレッド表示 >>>この投稿にコメントする

投稿履歴 (投稿時のメールアドレスにより以下の記事が抽出されました)
No タイトル 投稿者 日時
685 (連載)ケナンの米占領政策批判( ←  (連載)ケナンの米占領政策批判 奈須田敬 2008-07-20 11:53
684 (連載)ケナンの米占領政策批判(1) 奈須田敬 2008-07-19 11:15
635 意気投合したマッカーサー元帥と「ソ連通」ケナン 奈須田敬 2008-06-06 19:58
598 米国の対日占領政策が大転換した瞬間 奈須田敬 2008-05-02 17:39
575 マッカーサー元帥の“泣きどころ”をつかんだケナン 奈須田敬 2008-04-04 10:17
513 ケナンとマッカーサー:対決から同志的関係へ 奈須田敬 2008-01-18 20:07
491 連載投稿(2)占領地域に忍び込む ←  連載投稿(1)日独の戦後復興を 奈須田敬 2007-12-20 21:02
490 連載投稿(1)日独の戦後復興をめぐるケナンの洞察 奈須田敬 2007-12-19 23:03
460 マッカーサーとケナンの対決 奈須田敬 2007-11-16 22:15
436 占領政策の転換:日本弱体化から日本復興へ 奈須田敬 2007-10-19 22:10
402 アメリカ対日協議会(ACJ)が果たした役割 奈須田敬 2007-09-13 17:38
383 日本と米国に訪れた国運の変化 奈須田敬 2007-08-23 18:24
357 グルー駐日米大使著『滞日十年』の希少価値 奈須田敬 2007-07-19 01:10
341 「本当の意味で知日家」グルー駐日米大使のこと 奈須田敬 2007-06-21 12:34
323 吉田茂『回想十年』について 奈須田敬 2007-05-24 19:02
304 占領下日本で行われた米ソ戦 奈須田敬 2007-04-26 10:33
287 新しい視点に立つ「占領研究」を 奈須田敬 2007-03-30 17:10
259 日米安保50周年の盛大な祝典を準備すべし 奈須田敬 2007-03-01 09:50

<前 | 最新次>    [ スレッド一覧 | タイトル一覧 | 投稿一覧]