投稿日         最近の投稿テーマ     投稿者       職 業  
09/01 安倍は毅然として東・南シナ海問題を提起せよ 杉浦 正章
08/31 稲田は民主政権の時限爆弾に近寄るな 杉浦 正章
08/30 自民は国益の大局から「安倍3選」を目指せ 杉浦 正章
08/26 (連載2)核兵器の「先制不使用宣言」について 角田 勝彦
08/25 (連載1)核兵器の「先制不使用宣言」について 角田 勝彦
08/25 不透明化するこれからの国際政治 小沢 一彦
08/24 8月クーデターから四半世紀を経て感じたこと 飯島 一孝
08/22 テロを生み出したのは大国の軍事援助 赤峰 和彦
08/22 日本の存在感強めるアフリカ開発会議 鍋嶋 敬三
08/19 変革への意思が問われる民進党 赤峰 和彦
08/18 ロシアの世論調査から見えてきた北方領土問題の行く末 飯島 一孝
08/17 アメリカ大統領選挙と日本の防衛のあり方 赤峰 和彦
08/15 オリンピックと政治 船田 元
08/10 天皇の「お気持ち」の衝撃 松井 啓
08/07 今、再び「対中外交の4本柱」を提起する 北原 二郎

当フォーラムが発信した調査、研究、提言などに対するご感想をお寄せ下さい。
皆様の自由な意見交換を通じて、相互啓発とより高い次元への議論の発展を図りたいと考えております。
左上のボタンをクリックして、是非「百花斉放」にご参加下さい。
ファックス、メール、郵便などによる投稿も受け付けます。→

  • 日米共同制作レポート「新段階の日米同盟のグランド・デザイン」
  • 政策提言 積極低平和主義と日本の外交

無料配信

購読ご希望の方は、E-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押して下さい。 

最近の活動報告

スコット・スナイダー米外交問題評議会上級研究員

朝鮮半島の未来と北東アジアの安全保障

さる2016年7月26日、当フォーラムは、スコット・スナイダー米外交問題評議会上級研究員を講師に迎え、第126回外交円卓懇話会を開催した。
 近年の朝鮮半島の安全保障情勢は、韓国と北朝鮮の間にこれまで蓄積してきた問題が相互に絡み合い、さながら「ルービックキューブ」のような複雑な構造を持つに至っている。そもそも、1950年に朝鮮戦争が勃発した時点では、南北朝鮮の対立は...more

杉山晋輔・外務事務次官

積極的平和主義と日本外交

さる2016年7月5日、当フォーラムは、杉山晋輔・外務事務次官を講師に迎え、第285回国際政経懇話会を開催した。
 安倍総理は「国際協調主義に基づく積極的平和主義」の旗を掲げて「地球儀俯瞰外交」を行っている。安倍総理は、これまでの日本の宰相の中で、日米同盟を中心としながらも、米国だけでなくアジア、中東、アフリカにまで手を伸ばした数少ない首相の一人である...more

ロバート・オアー

ADBとAIIB:協調相手か競争相手か?

さる2016年6月30日、当フォーラムは、ロバート・オアー・パシフィック・フォーラムCSIS理事(前アジア開発銀行米国大使)を講師に迎え、第125回外交円卓懇話会を開催した。
 ADBは、ベトナム戦争さなかの1966年に、共産主義勢力に対抗するかたちで、アジアの資本主義諸国の開発促進を図るべく、当時のリンドン・ジョンソン米大統領の後押しを受けて、米国主導のもとで設立された。このように冷戦期にアジアにおける西側の...more

黒江哲郎・防衛事務次官

我が国周辺の軍事情勢と我が国の防衛政策

さる2016年6月14日、当フォーラムは、黒江哲郎・防衛事務次官を講師に迎え、第284回国際政経懇話会を開催した。
 我が国の周辺は大規模兵力が高密度で集中している特異な地域である。北朝鮮は韓国と比べると軍の質が比較にならない程低い。そのため、「核で優位に立とう」という戦略を立てている。ノドンおよびスカッドの一部は射程距離1,300キロメートルで...more

島田晴雄・千葉商科大学学長/JFIR監事・副政策委員長

安倍長期政権の行方

さる2016年5月31日、当フォーラムは、島田晴雄・千葉商科大学学長/JFIR監事・副政策委員長を講師に迎え、第283回国際政経懇話会を開催した。
 世界経済は今年に入り、激動している。約20年間、日本の消費者はデフレマインドに陥っていた。安倍政権は、これをインフレマインドに変え、購買意欲を掻き立てようとした。しかし、世界経済の激動の中で、それは...more


新着情報

2016年

8/31
「朝鮮半島の未来と北東アジアの安全保障」(スコット・スナイダー氏講話)(7月26日開催) 掲載
8/15
「積極的平和主義と日本外交」(杉山晋輔氏講話)(7月5日開催) 掲載
8/2
「ADBとAIIB:協調相手か競争相手か?」(ロバート・オアー氏講話)(6月30日開催) 掲載
7/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2016年7-8月号/通算第73号) 発行
7/17
日本国際フォーラムの調査研究事業に外務省から「A+評価」!
7/1

会報2016年夏季号
発行
6/29
「我が国周辺の軍事情勢と我が国の防衛政策」(黒江哲郎氏講話)(6月14日開催) 掲載
6/20
「世界の激動と日本:アベノミクスと日本の課題」(島田晴雄氏講話)(5月31日開催) 掲載
6/20
「岐路に立つEU」(ユアン・ミルチャ・パシュク氏講話)(5月20日開催) 掲載
5/30
「日本の経済安全保障と台湾」(李世暉氏講話)(4月28日開催) 掲載
5/27
「ASEAN共同体におけるインドネシアの役割」(エヴィ・フィトリアニ氏講話)(4月21日開催) 掲載
5/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2016年5-6月号/通算第72号) 発行
4/22
「安倍長期政権の行方」(歳川隆雄氏講話)(4月12日開催) 掲載
4/18
「急変する南北朝鮮情勢と日本の立場」(小此木政夫氏講話)(3月23日開催) 掲載
4/1

会報2016年春季号
発行
3/18
『メルマガ日本国際フォーラム』(2016年3-4月号/通算第71号) 発行
3/18
「日本の新しいリアリズム」(マイケル・オースリン氏講話)(3月8日開催) 掲載
3/17
「激動の東アジアと進化する日米同盟」(1月13日開催)メモ 掲載
2/6
「日中関係の現状をどうみるか」(呂小慶氏講話)(2月1日開催) 掲載
2/6
「JICAと日本の国際協力:理事長の任を終えて」(田中明彦氏講話)(1月28日開催) 掲載
1/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2016年1-2月号/通算第70号) 発行
1/15
「日欧有識者対話:日欧戦略的パートナーシップとアジアそして世界」(2015年11月11日開催) 掲載
1/12
「世界に広がる日本の食文化」(茂木友三郎氏講話)(2015年11月10日開催) 掲載
1/12
「日本経済の再興に向けて」(菅原郁郎氏講話)(2015年10月20日開催) 掲載

2015年

12/25
会報2016年冬季号 発行
12/18
「ASEAN共同体の展望:マレーシアの視点」(モハド・アブドラ氏講話)(12月8日開催) 掲載
12/09
「ロシア、中国、米国及び地政学的リスクの再発」(トマ・ゴマール氏講話)(11月13日開催) 掲載
12/09
「『一帯一路』構想の理念とその展望」(李暁氏講話)(11月4日開催) 掲載
11/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2015年11-12月号/通算第69号) 発行
10/21
伊藤憲一理事長「改憲論議 弾む?しぼむ?」、『朝日新聞』 掲載
10/15
「ポスト金融緩和のインドネシア経済の展望」(ムハマド・チャティブ・バスリ氏講話)(10月9日開催) 掲載
10/15
「米国政治とアジア・太平洋地域協力」(ポール・スラシック氏講話)(9月30日開催) 掲載
10/15
「日本外交の課題と展望」(城内実氏講話)(9月25日開催) 掲載
10/1
会報2015年秋季号 発行




会長挨拶

今井 敬 日本国際フォーラム会長

今井 敬

当フォーラムが設立された1987年は、未だ冷戦の最中でしたが、ソ連のペレストロイカの進展、米ソ間の中距離核戦力全廃条約調印など、国際秩序の変化を予感させる動きが、徐々に芽生えつつ・・・more

理事長挨拶

伊藤 憲一 日本国際フォーラム理事長

伊藤 憲一

日本国際フォーラムは、市民社会の側から、つまり民間・非営利・独立・超党派の立場から、外交・国際問題を研究し、その成果を政策提言として世に問うことを目的とし、1987年3月12日に・・・more




会合開催予定

9/1
 第127回外交円卓懇談会(講師:グレン・S・フクシマ米国先端政策研究所上級研究員)

9/8
 第286回国際政経懇話会(講師:伊藤元重・学習院大学教授)


研究センター便り

JFIR最新論文