日米政策レポート2018

 

投稿日         最近の投稿テーマ     投稿者       職 業  
04/19 (連載2)ネオコンに評価されないボルトン補佐官 河村 洋
04/18 日米共同政策レポートに敬意を表する 四方 立夫
04/18 (連載1)ネオコンに評価されないボルトン補佐官 河村 洋
04/17 時々当たる飯島発の“解散風” 杉浦 正章
04/16 歴史的転機に立つ「非核化」 鍋嶋 敬三
04/14 (連載2)大統領選の大勝利で「ロシアは英国に感謝しなくてはな 袴田 茂樹
04/13 公文書と民主主義について 船田 元
04/13 (連載1)大統領選の大勝利で「ロシアは英国に感謝しなくてはな 袴田 茂樹
04/13 トランプ一触即発の状態でけん制 杉浦 正章
04/12 岐路に立つ民主主義 新庄 はるか
04/10 「米中貿易戦争」安倍訪米の課題に浮上 杉浦 正章
04/07 (連載2)日本「ユーラシア外交」の変遷史と構造分析 鈴木 美勝
04/06 「一帯一路」に潜むテロのリスク 山崎 正晴
04/06 (連載1)日本「ユーラシア外交」の変遷史と構造分析 鈴木 美勝
04/04 「ポスト真実」を乗り切るために 船田 元

当フォーラムが発信した調査、研究、提言などに対するご感想をお寄せ下さい。
皆様の自由な意見交換を通じて、相互啓発とより高い次元への議論の発展を図りたいと考えております。
左上のボタンをクリックして、是非「百花斉放」にご参加下さい。
ファックス、メール、郵便などによる投稿も受け付けます。→

無料配信

購読ご希望の方は、E-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押して下さい。 

最近の活動報告
バックナンバーはこちら



長岡義博・ニューズウィーク日本版編集長

変わる中国・変わらない日本:日中は和解へ向かうのか

さる2018年2月21日、当フォーラムは、長岡義博・ニューズウィーク日本版編集長を講師に迎え、第300回国際政経懇話会を開催した。
 私が雑誌編集の現場で見て来た日本人の対中国観の変化に関してだが、しばらく前までは中国脅威論および崩壊論が強く叫ばれていた。しかし、最近は「中国崩壊論の崩壊」論、そして「日本は中国に敵わない」という諦め論も出始めているように感じ...more

ピーター・ドライスデール/オーストラリア国立大学名誉教授

グローバル通商レジームへの脅威とアジア

さる2018年1月29日、当フォーラムは、ピーター・ドライスデール/オーストラリア国立大学名誉教授を講師に迎え、第140回外交円卓懇談会を開催した。
 世界各国、特にアジアの国々は、第二次世界大戦後に構築された現在の国際経済体制に参加し、国家間の通商関係を拡大させることで、それぞれの国が経済成長を遂げ、政治的な安定を享受し、政治および経済協力を進展させてきた。しかし...more

篠田英朗・東京外国語大学大学院教授

世界の中の日本の憲法

さる2018年1月16日、当フォーラムは、篠田英朗・東京外国語大学大学院教授を講師に迎え、第299回国際政経懇話会を開催した。
 国際法に合致した憲法解釈の確定をすべきである。日本国憲法第9条に関してだが、自衛権は本来、国際法の問題であり、憲法の問題ではない。歴史的経緯、思想的背景および政治的環境によって日本国憲法は本質的には国際的憲法となっているが...more

山野内勘二・外務省経済局長

日米経済関係と我が国のFTA戦略

さる2017年12月19日、当フォーラムは、山野内勘二・外務省経済局長を講師に迎え、第298回国際政経懇話会を開催した。
 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)については、その最大の意義は、「アジア太平洋地域において、物品およびサービスの貿易ならびに投資の自由化および円滑化を進めるとともに、(知的財産、電子商取引、国有企業、環境等の)幅広い分野で21世紀型の新たなルールを構築するための法的枠組みについて...more

ナジーブ・エルカシュ/リサーラ・メディア代表

中東情勢をどうみるか

さる2017年11月30日、当フォーラムは、ナジーブ・エルカシュ/リサーラ・メディア代表を講師に迎え、第139回外交円卓懇談会を開催した。
 日本や欧米においては、現在の中東の混乱、特にシリア問題というと、まずISISを思い浮かべることだろう。そしてその問題が、宗教に深く根差した対立にあると考えられているかもしれない。しかしそうした考えは、本質を全く見誤っているといわざるをえない。現在の中東情勢を理解するには...more

新着情報

2018年

4/12
日米共同政策レポート2018
『かつてない強さ、かつてない難題:安倍・トランプ時代の日米同盟』 発行
3/30
公益財団法人
日本国際フォーラム
会報2018年春季号 発行
3/16
第300回国際政経懇話会
「変わる中国・変わらない日本:日中は和解へ向かうのか」(長岡義博氏講話)(2月21日開催)
掲載
3/16
第140回外交円卓懇談会
「グローバル通商レジームへの脅威とアジア」(ピーター・ドライスデール氏講話)(1月29日開催)
掲載
3/15
第299回国際政経懇話会
「世界の中の日本の憲法」(篠田英朗氏講話)(1月16日開催)
掲載
1/22
第139回外交円卓懇談会
「中東情勢をどうみるか」(ナジーブ・エルカシュ氏講話)(11月30日開催)
掲載
1/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2018年1-2月号/通算第82号) 発行
1/19
第138回外交円卓懇談会
「パワー・トランジション時代のEU」(ユアン・ミルチャ・パシュク氏講話)(11月6日開催)
掲載
1/18
設立30周年記念シンポジウム
「パワー・トランジション時代の日本の総合外交戦略」
報告書
掲載

2017年

12/27
第298回国際政経懇話会
「日米経済関係と我が国のFTA戦略」(山野内勘二氏講話)(12月19日開催)
掲載
12/27
第297回国際政経懇話会
「習近平体制下の対外政策と日中関係」(川島真氏講話)(10月5日開催)
掲載
12/27
公益財団法人
日本国際フォーラム
会報2018年冬季号 発行
11/24
国際シンポジウム
「海洋安全保障のグローバル化に向けて-領有権非当事国による南シナ海討議」
会議資料
掲載
11/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2017年11-12月号/通算第81号) 発行
11/20
設立30周年記念シンポジウム
「パワー・トランジション時代の日本の総合外交戦略」
伊藤憲一会長開幕挨拶
掲載
11/17
設立30周年記念シンポジウム
「パワー・トランジション時代の日本の総合外交戦略」
安倍晋三内閣総理大臣祝辞
掲載
11/17
設立30周年記念シンポジウム
「パワー・トランジション時代の日本の総合外交戦略」
河野太郎外務大臣祝辞
掲載
11/16
日欧有識者対話:「不確実性」時代の国際秩序の行方と日欧の使命 掲載
11/15
日本国際フォーラムの歩み
設立30周年記念号
発行
11/15
設立30周年記念シンポジウム
「パワー・トランジション時代の日本の総合外交戦略」会議資料
掲載
10/18
第296回国際政経懇話会
「日本のサイバー・セキュリティーの最前線」(名和利男氏講話)(9月27日開催)
掲載
10/15
国際シンポジウム
「Australia, Japan and Southeast Asia: Tenth Anniversary of the Joint Declaration on Security Co-operation」
ご案内およびプログラム 掲載
10/13
会報2017年秋季号 発行
9/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2017年9-10月号/通算第80号) 発行
9/6
研究助手兼事務局員
募集のお知らせ
掲載
9/4
第136回外交円卓懇談会
「中国の大国外交」(秦亜青氏・栄鷹氏講話)(7月10日開催)
掲載
8/2
大型研究プロジェクト始動:パワー・トランジション時代の日本の総合外交戦略 掲載
7/20
『メルマガ日本国際フォーラム』(2017年7-8月号/通算第79号) 発行
7/19
日本国際フォーラムの調査研究事業に外務省から「A評価」!
7/14

会報2017年夏季号
発行
7/8
第135回外交円卓懇談会
「朝鮮半島情勢の現状をどうみるか」(高永喆氏講話)(6月21日開催)
掲載
7/7
第134回外交円卓懇談会
「トランプとアジア:混迷する世界秩序におけるアジアの安定に向けて」(ビラハリ・カウシカン氏講話)(5月19日開催)
掲載


研究センター便り

  • 1/24 国際ワークショップ「パワー・トランジション時代と地経学」開催(於:ワシントンD.C.)
  • 1/23 「ユーラシアの国際戦略環境の変化と日本の大国間外交」研究会(渡邊啓貴主査)開催
  • 1/17 国際ワークショップ「地経学時代の日印協力」開催
  • 1/19 「チャイナ・リスクとチャイナ・オポチュニティ」研究会(神谷万丈主査)開催
  • 12/8 国際シンポジウム「日米同盟からみたチャイナ・リスクとチャイナオポチュニティ」開催(於:ワシントンD.C.)
  • 12/4 「新段階の日本の海洋戦略」研究会(伊藤剛主査)開催
  • 11/7「『地経学』時代の日本の経済外交」研究会(河合正弘主査)開催
  • 11/7 国際ワークショップ「日中海洋戦略の比較」開催(於:上海)
  • 11/6 国際セミナー「アジア太平洋と日中関係」開催(於:南京)
  • 10/19 日欧有識者対話「『不確実性』時代の国際秩序の行方と日欧の使命」開催
  • ...more

会合開催予定






役員・研究員等最新論文
「国民の、国民による、国民のための国会へ向けた改革私案」
(2018年2月24日)
廣野 良吉 日本国際フォーラム評議員

 国会は、わが国の国民が推進する民主主義的統治構造の下で国民の総意を代表する最高の意思・政策決定機関であり、三権分立体制の一環として、その権威は誰しも侵害するこ...more

バックナンバーはこちら