国際枠組参加活動

当フォーラムが、単独で、または東アジア共同体協議会(CEAC)等との連携で、関係各国のカウンターパートと共に構成する各種の国際的な枠組に参加する活動である。現在、参加している国際枠組は、東アジア研究所連合(NEAT)、東アジア・フォーラム(EAF)、日中韓三国協力研究所連合(NTCT)の三つであるが、いずれも日本および関係各国の政府公認の枠組であり、当フォーラムは日本国政府から、その「国別代表(カントリー・コーディネーター、ナショナル・フォーカル・ポイント等)」に指定されている。

(1)東アジア研究所連合(NEAT)への参加

東アジア研究所連合(The Network of East Asian Think-tanks / NEAT)は、ASEAN+3首脳会議の決定を受けて2003年に設立された、政府公認のシンクタンクの国際ネットワークであり、ASEAN加盟10カ国と日中韓を合わせた13カ国の知的人材を動員して、東アジア地域協力に知的支援を与えることを目的としている。NEATは年に一度総会を開催しているが、その年次総会で採択される政策提言はASEAN+3首脳会議に提出され、各国首脳によって留意されている。NEATにおいては、各国政府によって指定された「国別代表(カントリー・コーディネーター)」が国内の調整作業と対外的なコミュニケーションの円滑化に当たっているが、当フォーラムは、日本政府から指定された日本の「国別代表」として、設立以降、現在に至るまで、毎年、日本代表団を年次総会に派遣している。
 また、2005年に東京で開催された第3回年次総会以降は、総会開催前にいくつかのテーマに基づく作業部会(WG)が組織され、NEAT参加国の専門家が一堂に会して議論を重ね、その成果が年次総会での政策提言立案に反映されるようになった。
 2011年以降、日本が主催ないし共催したWGは、各年次総会について次のとおりであった。

2011年8月.第9回NEAT年次総会(ベトナム・ダナン)
・「東アジア防災協力」WG(主査:岡﨑健二)
2012年8月.第10回NEAT年次総会(中国・北京)
・「東アジア防災協力」WG(主査:岡﨑健二)
2013年8月.第11回NEAT年次総会(マレーシア・クアラルンプール)
・「人と人との連結性強化」WG(主査:佐藤禎一)
2014年9月.第12回NEAT年次総会(カンボジア・プノンペン)
・「人と人との連結性強化」WG(主査:佐藤禎一)
2015年9月.第13回NEAT年次総会(インドネシア・バンドン)
・「東アジアにおける海洋協力」WG(主査:山田吉彦)
2016年7月.第14回NEAT年次総会(タイ・バンコク)
・「東アジアにおける保健分野の協力」WG(主査:佐藤禎一)
2017年9月.第15回NEAT年次総会(韓国・プサン)
・「東アジアにおける高齢化と保健医療システム」WG(主査:島崎謙治)



(2)東アジア・フォーラム(EAF)への参加

東アジア・フォーラム(The East Asia Forum / EAF)は、ASEAN+3首脳会議の決定を受けて2003年に設立された国際組織である。上述のNEATが東アジア13カ国のシンクタンクをネットワークでつなぎ、東アジア地域統合、さらには「東アジア共同体」を推進する知恵袋になろうとしているのに対して、EAFは、東アジア13カ国の産・官・学の代表者を集めて、トラック1.5という半官半民の立場から、東アジア地域統合の動きに対して知的支援を提供しようとするものである。EAFにおいては、各国政府によって指定された「国別代表(ナショナル・フォーカル・ポイント)」が国内の調整作業と対外的なコミュニケーションの円滑化に当たることとされており、当フォーラムは日本政府から日本の「国別代表」に指定されており、設立以降、現在に至るまで、毎年、産・官・学の各界を代表する団員からなる日本代表団を年次総会に派遣している。2011年以降、当フォーラムが参加した各年次総会は次のとおりであった。

2011年9月 第9回EAF年次総会(中国・成都)
2012年8月 第10回EAF年次総会(ミャンマー・ネピドー)
2013年8月 第11回EAF年次総会(京都)
2014年11月 第12回EAF年次総会(ブルネイ・バンダルスリブガワン)
2015年5月 第13回EAF年次総会(韓国・済州島)
2016年6月 第14回EAF年次総会(カンボジア・シェムリアップ)
2017年6月 第15回EAF年次総会(中国・長沙)



(3)日中韓三国協力研究所連合(NTCT)への参加

当フォーラムは、2014年8月より三国協力研究所連合(Network of Trilateral Cooperation Think-tanks: NTCT)にも新たに参加することになった。NTCTは、同年3月21日にソウルで開催された第7回日中韓外相会議で設立が承認されたトラック2のシンクタンク・ネットワークであり、日中韓の各国政府によって指名された「国別代表(ナショナル・フォーカル・ポイント)」が共同で運営に当たる。中国外交学院(CFAU)韓国国立外交院(KNDA)日本国際フォーラム(JFIR)の3つのシンクタンクが、それぞれ国別代表に指名されている。
 設立記念式典が2015年8月30−31日に中国・長春で開催され、第1回国別代表者会議が2016年9月20 −21日に日本・東京にて、第2回国別代表者会議が2017年10月12-13日に韓国・ソウルにて開催された。