e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
朝鮮戦争と日本の立場について   
投稿者:船田 元 (東京都・男性・衆議院議員(自由民主党)・60-69歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-05-16 12:07 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.4154
 今年2月に韓国の平昌で開催された、冬季オリンピックへの北朝鮮の突然の参加表明から、朝鮮半島情勢が俄かに動き出した。その後あれよあれよという間に、3度目の南北首脳会談があり、米韓、中朝、日中韓会談、そしていよいよ6月12日にシンガポールで歴史的な米朝首脳会談が決定した。

 北朝鮮が核の放棄をはじめ、国際社会に脅威を与えない方向に進むのであれば、それは大変好ましいことだが、過去何回も約束を反故にされた歴史を考えると、今回こそムードに流されることなく、非核化実現のために沈着冷静に交渉を進めなければならない。

 北朝鮮の脅威を直接被る我が国としても、また拉致という主権が侵されている立場の我が国としても、このような急激な動きに置いていかれないよう、必死で首脳外交を展開し、存在感を示していかねばなるまい。しかし一方で、我が国の歴史から自ずとそれには限界があるのも事実だ。

 1950年に勃発した朝鮮戦争の際は我が国はまだGHQの占領下にあり、休戦協定が発効される一年前の1952年4月28日に、ようやく主権が回復したのである。国連に加盟できたのはさらに4年後の1956年である。つまり朝鮮戦争当時は残念ながら、我が国の国際社会における存在が極めて希薄だったと言えよう。今回の東アジアでの場面転換でもあの当時の構図が未だに残っているため、我が国が主たるプレイヤーになることは難しい。どんなに安倍政権が頑張っても、歴史の壁を乗り越えることは出来ない。むしろ我々はこの現実を踏まえた上で、焦ることなく国益を考えながら、一歩一歩着実にこの和平プロセスに足を踏み入れていくべきではないだろうか。

No タイトル 投稿者 日時
4161 日中「雪どけ」楽観せず知日派・知中派確保を 犀川 幸雄 2018-05-25 09:59
4160 米朝会談中止の背景を探る 杉浦 正章 2018-05-25 06:36
4159 9条改正と民主主義について考える 船田 元 2018-05-24 10:09
4158 野党の「加計疑獄」狙いは不発に終わる 杉浦 正章 2018-05-23 06:29
4157 日本年金機構は誰のためのもの 赤峰 和彦 2018-05-22 11:41
4156 危うい日中関係改善 四方 立夫 2018-05-18 10:03
4155 米朝会談へ神経戦が最高潮 杉浦 正章 2018-05-17 06:24
4154 朝鮮戦争と日本の立場について 船田 元 2018-05-16 12:07
4153 今世紀最大の政治ショー米朝首脳会談 杉浦 正章 2018-05-15 06:29
4152 シリア危機と軍による危機抑制 袴田 茂樹 2018-05-14 14:50
4151 東アジア秩序再調整の幕開け 鍋嶋 敬三 2018-05-11 12:03
4150 日米欧は中露に対して共同対処行動はできるのか? 河村 洋 2018-05-10 18:48
4149 「反故(ほご)常習国」北朝鮮は軽々に信用出来ない 杉浦 正章 2018-05-10 07:07
4148 歴史的な南北対話について 船田 元 2018-05-09 13:17
4147 「小義」では崩せぬ安倍一強体制 杉浦 正章 2018-05-08 11:46
4146 新たな「トランプ危機」に備えよ 四方 立夫 2018-05-07 14:08
4145 非核化合意とは「金王朝維持の保証」 杉浦 正章 2018-04-28 06:14
4144 中国の脅威に目を向けよ 鍋嶋 敬三 2018-04-27 10:09
4143 深刻化するシリアの現状とその歴史を振り返る 山田 禎介 2018-04-26 16:38
4142 米朝首脳会談に画期的成果は期待薄 杉浦 正章 2018-04-26 06:09

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]