e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載1)マクロン大統領と西側同盟内でのフランスの地位  ツリー表示
投稿者:河村 洋 (東京都・男性・外交評論家・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-08-30 23:44  
>>>この投稿にコメントする
No.3946
 エマニュエル・マクロン大統領はヨーロッパと国際舞台でフランスの地位を高めるうえで、外交能力の高さを示した。何かと物議を醸すドナルド・トランプ米大統領を革命記念式典に招待しての首脳会談を成功裡に終わらせながら、アメリカがNATO諸国に出しているGDP2%の国防支出の要求は拒否して、経済を優先することにした。こうした追従も敵対もしないという態度は、マクロン氏がNATO首脳会議の機会にトランプ氏と会談した際に見られた。両首脳は互いに相手に強い眼差しを向け、まるで腕力を競い合うかのように相手の手を強く握り締めて握手をした。それはマクロン・トランプ両首脳の関係を語るうえで印象深く象徴的であった。マクロン氏はこれら国際的および内政的な要求のバランスをどのようにとっているのだろうか?

 まず、トランプ大統領に西側主要同盟国がどのようにアプローチしているか述べてみたい。ドイツは動向の読めないトランプ政権に依存するよりも、自主独立でヨーロッパ志向の外交政策を追求している。それが典型的に表れているのが、ワシントンでのメルケル・トランプ両首脳会談後の冷え切った記者会見である。他方、イギリスと日本はトランプ氏のアメリカ第一主義がどれほどいかがわしくても、安全保障どころか貿易でさえ対米関係の強化が迫られる立場である。国内での反トランプ世論があろうとも、テリーザ・メイ首相と安倍晋三首相は自国の国際的地位を強化するためにアメリカとの特別関係を維持しようとしている。他方でカナダはドイツと日英の中間のアプローチを採っている。ジャスティン・トルドー首相は移民、難民、政治的自由、ポリティカル・コレクトネス、貿易といった諸問題でトランプ氏とは大きく立場を異にする。よってトルドー氏は7月にロード・アイランド州プロビデンスで開催された全米知事協会において、マイク・ペンス副大統領と州知事達にNAFTAに懐疑的なトランプ氏を説得して貿易協定を更新するように訴えかけた。

 マクロン氏のアプローチは他の西側諸国に指導者のものよりトランプ氏に対して積極的で、しかも相手に屈しないものとなっている。『フィナンシャル・タイムズ』紙のギデオン・ラックマン氏は7月14日付けの論説で「マクロン氏がアメリカの新政権に対処するうえで強い立場にあるトランプ氏と初めての握手では穏やかな笑顔をたたえながら、マクロン氏はフランスが自己顕示欲の強い相手に屈しないという姿勢を見せた。マクロン大統領はメルケル政権との連携によって国際主義を推し進めてゆくことを明らかにした」と述べている。他方でラックマン氏は「メイ首相がクローバル・ブリテンを推し進めようにもブレグジットが孤立主義と受け止められているので、世界の指導者達には印象が薄い。しかもナショナリストのトランプ大統領との関係強化を望んでいることで、メイ氏のグローバル志向は疑問視されている」と指摘する。メイ氏の立場は安倍氏とも共通するところがある。マクロン氏は自らの強みを活かして米仏友好を印象づけた。さらに重要なことに、トランプ氏は少なくとも外交政策と二国間関係に関しては何も失言をしなかった。

 マクロン氏はトランプ氏を革命記念式典で歓待しながら、国防費増額の圧力には従わなかった。しかし問題はトランプ政権だけではない。フランスは独自核戦力を持つばかりか、国家安全保障の課題はNATOへの貢献だけではない。ピエール・ドヴィリエ統合参謀総長は8億5千万ユーロにもおよぶマクロン大統領の国防費削減計画に激しく抵抗し、「中東やサヘル地域でのフランスの軍事的関与に鑑みれば昨年のGDP1.8%から2000年の2.6%水準までの引き上げが必要だ」との持論を展開した。しかしマクロン氏は財政赤字をEUが定める3%以内に収め、2007年から翌年の世界金融危機以降の財政的制約に対処しようとしている。大統領との確執によってドヴィリエ陸軍大将は辞任に追い込まれた。(つづく)

No タイトル 投稿者 日時
4019 米国による北へのテロ国家再指定で対中圧力 杉浦 正章 2017-11-22 06:52
4018 (連載2)変容するユーラシア国際環境と日本の対応 ←  (連載1)変容するユー 渡邊 啓貴 2017-11-21 11:09
4017 岸田が「ポスト安倍」意識の代表質問 杉浦 正章 2017-11-21 07:14
4016 (連載1)変容するユーラシア国際環境と日本の対応 渡邊 啓貴 2017-11-20 19:36
4015 愚かなる新聞の首相演説批判 杉浦 正章 2017-11-19 01:21
4014 日本国際フォーラム設立30周年記念シンポジウムを傍聴して 河村 洋 2017-11-18 14:29
4013 今こそ保育現場からの悲鳴に耳を傾けよ 船田 元 2017-11-17 18:44
4012 日本は「積極的自由貿易主義」の旗手たれ 四方 立夫 2017-11-15 20:37
4011 安倍外交「対北包囲網」強化で結実 杉浦 正章 2017-11-15 06:38
4010 日中関係「対立」から「接点」構築へ 杉浦 正章 2017-11-14 06:56
4009 アジア危機転換の要は日米中関係 鍋嶋 敬三 2017-11-13 11:13
4008 米中首脳会談は7対3で習近平の勝ち 杉浦 正章 2017-11-10 06:39
4007 中国とは是々非々でArm’s Lengthの関係を築くべし 四方 立夫 2017-11-10 00:48
4006 韓国の「コウモリ外交」が極まった 杉浦 正章 2017-11-09 03:08
4005 インド太平洋戦略の基盤固め 鍋嶋 敬三 2017-11-07 13:41
4004 トランプ「極東冷戦」俯瞰の戦略再構築 杉浦 正章 2017-11-07 06:45
4003 (連載3)「脱炭素社会」構築に向けた提言 ←  (連載2)「脱炭素社会」構築に 廣野 良吉 2017-11-05 08:27
4002 (連載2)「脱炭素社会」構築に向けた提言 ←  (連載1)「脱炭素社会」構築に 廣野 良吉 2017-11-04 13:26
4001 (連載1)「脱炭素社会」構築に向けた提言 廣野 良吉 2017-11-03 18:58
4000 日本国際フォーラム設立30周年記念シンポジウムに出席して 池尾 愛子 2017-11-03 11:39

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]