e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
憲法9条解釈論における「正義」への無関心について   
投稿者:篠田 英朗 (東京都・男性・東京外国語大学大学院教授・40-49歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-05-17 13:11 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3873
 過去70年間、日本人は、憲法9条の平和主義を語り続けてきた。しかし、憲法の目指す平和が「正義と秩序を基調とする国際平和」であることには、だれも十分な注意を払ってこなかった。「平和」、「平和」、「平和」と繰り返すだけで、「正義」や「国際」に注意を払おうという試みは、70年間をつうじて殆ど行われてこなかった。憲法前文においても、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」という文章がある。芦部信喜は、この前文の一句について、「国際的に中立の立場からの平和外交」に関する文章だという解説を施しているが(『憲法』[新版・補訂版]56頁)、どうしてそうなるのか、全くよくわからない。前文における「公正」は、英文では「justice」である。「justice and faith of the peace-loving peoples of the world」である。9条における「正義」も「justice」となる。英文では「Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order」だ。ちなみに、9条1項冒頭の目的宣明は、2項冒頭の有名な「芦田修正」と同様に、日本の国会議員からなる帝国憲法改正小委員会で挿入された。いずれにせよ、その趣旨は、GHQ草案の時点から存在していた前文の文章と連動している。

 「Justice」というのは、正しい状態や行為を指す言葉で、中立的な外交を指す言葉ではない。9条に「正義」を入れるのであれば、前文もまた、「平和を愛する諸国民の正義と信念を信頼して」となるべきだったはずだ。「押しつけ憲法論を振りかざす日米安保容認の改憲論者を許すな!」と叫び続けてきた憲法学者たちは、アメリカ政治思想に根差した日本国憲法を、素直に読もうとしてこなかった。「Justice」という言葉は、アメリカ合衆国憲法の前文に登場する。「正義(justice)の確立」は、アメリカ人民が合衆国憲法を制定した「目的」の一つとして、あげているものだ。共通防衛で国内の平穏を保障して自由を守りながら、「正義の確立」を目指すと、合衆国憲法は宣言している。アメリカが正義の確立を目指していることを十分に知りながら、あるいは知っているからこそ意図的に、「正義」について語るのを回避しようとするのは、少なくとも憲法典に即した態度ではない。「正義」を無視しても「平和」であればいい、「一国主義」であっても「平和」であればいい、といった態度は、日本国憲法が排除することを宣言している非立憲的な態度である。

 本来、日本国憲法の平和は、常に「正義」に裏付けられた平和であり、その「正義」は「国際」的に認められているはずの「正義」である。日本国憲法の「平和」を、「正義」と「国際」から切り離して解釈するのは、本来の趣旨からすれば、間違いである。さらに言えば、英語の「justice」が、「司法」も意味する語であることは、言うまでもない。たとえば「正義と秩序(justice and order)」という言い方をした際、それは「法と秩序(law and order)」とかかわる含意もあるように受け止めるのが、当然だろう。前文において「平和を愛する諸国民の正義(justice)と信念を信頼」するという場合には、そこに「国際的な法秩序を信頼する」という含意があることは、当然だ。ちなみに「平和を愛する諸国」という概念は、国連憲章においては加盟国を指す際に使われている。

 9条においてもやはり、「正義と秩序を基調とする国際平和」とは「国際的な法秩序にのっとった平和」と解するべきである。重要な点である。強調したい。9条の目的は、国際法に従った平和の達成である。「戦争放棄」や「戦力不保持」は、目的達成のための手段であり、その逆ではない。 手段から目的に至る道筋には、国際法が案内人として立つ。戦争放棄や戦力不保持を独善的に定義して振りかざしたうえで、国際法にしたがった平和の妥当性を審査しようとするのは、反憲法的態度であり、反立憲的である。一部の憲法学者による、「憲法優位説により国際法を拒絶できる」、「憲法の平和主義で国際法を正すべきだ」、といった態度は、日本国憲法の本旨に反した非立憲的なものだと言わざるを得ない。

No タイトル 投稿者 日時
4144 中国の脅威に目を向けよ 鍋嶋 敬三 2018-04-27 10:09
4143 深刻化するシリアの現状とその歴史を振り返る 山田 禎介 2018-04-26 16:38
4142 米朝首脳会談に画期的成果は期待薄 杉浦 正章 2018-04-26 06:09
4141 中東の火薬庫シリアが混迷を深める理由 船田 元 2018-04-25 10:33
4140 米朝首脳会談で東アジア情勢は激変する 赤峰 和彦 2018-04-24 12:34
4139 極東情勢で日米盤石の連携確立 杉浦 正章 2018-04-20 06:48
4138 (連載2)ネオコンに評価されないボルトン補佐官 ←  (連載1)ネオコンに評価 河村 洋 2018-04-19 10:26
4137 日米共同政策レポートに敬意を表する 四方 立夫 2018-04-18 18:10
4136 (連載1)ネオコンに評価されないボルトン補佐官 河村 洋 2018-04-18 03:42
4135 時々当たる飯島発の“解散風” 杉浦 正章 2018-04-17 06:12
4134 歴史的転機に立つ「非核化」 鍋嶋 敬三 2018-04-16 12:45
4133 (連載2)大統領選の大勝利で「ロシアは英国に感謝し ←  (連載1)大統領選の 袴田 茂樹 2018-04-14 09:24
4132 公文書と民主主義について 船田 元 2018-04-13 10:06
4131 (連載1)大統領選の大勝利で「ロシアは英国に感謝しなくてはならない」 袴田 茂樹 2018-04-13 10:03
4130 トランプ一触即発の状態でけん制 杉浦 正章 2018-04-13 06:07
4129 岐路に立つ民主主義 ←  「ポスト真実」を乗り切るために 新庄 はるか 2018-04-12 23:06
4128 「米中貿易戦争」安倍訪米の課題に浮上 杉浦 正章 2018-04-10 05:33
4127 (連載2)日本「ユーラシア外交」の変遷史と構造分析 ←  (連載1)日本「ユー 鈴木 美勝 2018-04-07 00:03
4126 「一帯一路」に潜むテロのリスク 山崎 正晴 2018-04-06 12:14
4125 (連載1)日本「ユーラシア外交」の変遷史と構造分析 鈴木 美勝 2018-04-06 12:11

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]