e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載2)官邸は対露政策の不合理を自覚すべき時だ ← (連載1)官邸は対露政策の不合理を自覚すべき時だ  ツリー表示
投稿者:袴田 茂樹 (神奈川県・男性・日本国際フォーラム評議員・70-79歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-03-10 11:24 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3823
 第2の日露の首脳会談後の動きだが、筆者に理解できないことが幾つかある。そもそも安倍首相の「新アプローチ」の論理が理解できない。また、首脳会談の「成果」としての北方4島の共同経済開発の合意も、首脳会談後のロシア側の態度を見ていると、ますます不可解の感を深くする。まず平和条約問題に対する「新アプローチ」推進の理由として首相官邸は、「従来の発想・アプローチでは領土交渉が全く前進しなかった」ということをその理由に挙げている。一方ロシア側は新アプローチを、「領土問題を棚上げして経済その他の協力をまず積極的に進める」ことと理解している。つまり、日本側は領土交渉を前進させるために譲歩し、それをロシア側はこれまで強く求めていた要求が受け入れられたため、と見ているのだ。

 ロシア側の観点から論理的に考えると、領土交渉を全く前進させなかった(むしろ強硬姿勢に転じた)これまでの対日政策はまさに正解だった、との結論になる。となると、論理的には、さらに今後も対露協力を一層引き出すためには、ロシアは領土問題で強硬姿勢を貫くか、一層の強硬策を推進すべきだ、ということになる。事実、昨年5月に安倍首相がソチで「新アプローチ」と7項目の経済協力を提案し、9月にウラジオストクでその提案をさらに具体化し、首相が「毎年ウラジオストクを訪問する」とまで「前のめり」の姿勢を示したのに、12月の日本での首脳会談では、領土問題でプーチンは強硬姿勢を貫いた。いや、日米安保条約を持ち出すなど、むしろ一層強硬になった。日本での首脳会談について最近のロシア紙(『ヴェドモスチ』2017.2.13)は、「プーチン氏と安倍氏の間では、島の帰属問題は話題にならなかった」とさえ報じている。これが事実か否か別にして、ロシア側が、安倍氏は大幅に譲歩してロシア側の要求に屈したと理解しており、そのことを筆者は深刻な問題だと受け止めているのである。

 また北方4島における共同経済活動であるが、これは元々1990年代にロシア側が求めてきたもので、1998年のモスクワ宣言ではそれを日本側が譲歩し、認めて、共同経済活動委員会を創る代わりに、日本側の要求で「国境画定委員会」、つまり領土問題解決のための委員会をロシア側に認めさせたのだ。ただ「お互いの立場を損ねない」との条件を付したので、ロシア法の下での共同経済活動は進まなかった。

 今は、ロシア側が求めた「共同経済活動」が独り歩きし、しかもそれが平和条約締結のための新たな条件の如く位置づけられている。ロシア側は12月の首脳会談の時も今も、共同経済活動を「ロシア法の下で行う」という立場を一切崩していない(『ヴェドモスチ』2017.2.13)。そのための「特別な制度に合意した」との首相の発言をロシア側は認めていない。3月18日に、秋葉外務審議官とモルグロフ外務次官の次官級会議が行われ、漁業、海面養殖、観光、医療、環境その他の分野での共同経済活動について話合われる。ロシアの専門家も、日本側は「両国の法的立場を侵さない何らかの狡猾な制度を考えようとしているが、果たしてそれは可能なのか」と、実際の成果を大いに疑問視している(『独立新聞』2017.2.15)。筆者は、安倍首相の領土問題解決に対する並々ならぬ熱意は高く評価するものである。しかし首相官邸は、そろそろ自らの対露政策の非論理性と不合理性をはっきり自覚すべき時ではないか。(おわり)

No タイトル 投稿者 日時
4019 米国による北へのテロ国家再指定で対中圧力 杉浦 正章 2017-11-22 06:52
4018 (連載2)変容するユーラシア国際環境と日本の対応 ←  (連載1)変容するユー 渡邊 啓貴 2017-11-21 11:09
4017 岸田が「ポスト安倍」意識の代表質問 杉浦 正章 2017-11-21 07:14
4016 (連載1)変容するユーラシア国際環境と日本の対応 渡邊 啓貴 2017-11-20 19:36
4015 愚かなる新聞の首相演説批判 杉浦 正章 2017-11-19 01:21
4014 日本国際フォーラム設立30周年記念シンポジウムを傍聴して 河村 洋 2017-11-18 14:29
4013 今こそ保育現場からの悲鳴に耳を傾けよ 船田 元 2017-11-17 18:44
4012 日本は「積極的自由貿易主義」の旗手たれ 四方 立夫 2017-11-15 20:37
4011 安倍外交「対北包囲網」強化で結実 杉浦 正章 2017-11-15 06:38
4010 日中関係「対立」から「接点」構築へ 杉浦 正章 2017-11-14 06:56
4009 アジア危機転換の要は日米中関係 鍋嶋 敬三 2017-11-13 11:13
4008 米中首脳会談は7対3で習近平の勝ち 杉浦 正章 2017-11-10 06:39
4007 中国とは是々非々でArm’s Lengthの関係を築くべし 四方 立夫 2017-11-10 00:48
4006 韓国の「コウモリ外交」が極まった 杉浦 正章 2017-11-09 03:08
4005 インド太平洋戦略の基盤固め 鍋嶋 敬三 2017-11-07 13:41
4004 トランプ「極東冷戦」俯瞰の戦略再構築 杉浦 正章 2017-11-07 06:45
4003 (連載3)「脱炭素社会」構築に向けた提言 ←  (連載2)「脱炭素社会」構築に 廣野 良吉 2017-11-05 08:27
4002 (連載2)「脱炭素社会」構築に向けた提言 ←  (連載1)「脱炭素社会」構築に 廣野 良吉 2017-11-04 13:26
4001 (連載1)「脱炭素社会」構築に向けた提言 廣野 良吉 2017-11-03 18:58
4000 日本国際フォーラム設立30周年記念シンポジウムに出席して 池尾 愛子 2017-11-03 11:39

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]