e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
(連載2)トランプ政権によって人権問題の劣等生となったアメリカ ← (連載1)トランプ政権によって人権問題の劣等生となったアメリカ  ツリー表示
投稿者:河村 洋 (東京都・男性・外交評論家・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-02-14 10:38 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3803
 さらにトランプ氏の人権に対する問題意識の低さは、拷問がテロ容疑者からの情報収集に効果的だといった不用意な発言に端的に表れている。しかしトランプ氏がジェームズ・マティス退役海兵隊大将に国防長官主任を要請した際には自らの主張を撤回し、信頼と報酬が容疑者を協力的にするのだというマティス氏の主張を受け入れた。しかしトランプ氏は再び拷問の復活を唱えて議会を紛糾させ、ジョン・マケイン上院議員は大統領なら法を遵守するようにと要求した。トランプ氏は米英首脳会談の記者会見ではマティス氏の助言に従うと述べたものの、そのことからトランプ氏が人権に関してほとんど学んだことがないばかりか、絶望的な無知であることが明らかになった。

 レックス・ティラーソン氏の国務長官起用も懸念材料である。元エクソン・モービル最高経営責任者のティラーソン氏の経営能力と交渉力に期待する声もある。しかし公務は利潤追求ほど単純ではない。上院外交委員会の公聴会では、ティラーソン氏はISISなどアメリカ外交の重要課題についての知識に乏しいことが露呈した。さらにロシアとの関係にまつわる疑惑に加え、ティラーソン氏の人権に対する問題意識の低さは国務長官の職責には非常に不利に働きかねない。公聴会において。ティラーソン氏はサウジアラビアの女性の権利、シリアでのR2P、フィリピンでのドゥテルテ政権による抑圧政策といった重要な人権問題には満足な答弁ができなかった。ドナルド・トランプ氏の思慮分別を描いた中傷は、人権に関する認識がまるでなっていないことを示している。公聴会での答弁のまずさを考慮すれば、ティラーソン氏がトランプ氏の酷い欠点を補えるとは考えにくい。

 国際社会、特に西側同盟は、このようなトランプ政権のアメリカにはどう対処すべきだろうか?我々はトランプ氏のアメリカ第一主義が完全に競争本位で無秩序な世界での適者生存の考え方に基づいていることに留意しなければならない。トランプ氏はそうした無秩序を利用して自らが考えるアメリカの国益を最大化しようと考えているので、いかなる手段によっても現行の国際規範や多国間の枠組みを弱体化しようとしている。トランプ氏がそこまで人権を軽視するのも何ら不思議ではない。『シュピーゲル』誌の1月20日付けの論説では西側民主主義国がトランプ政権に対抗して結束し、国際規範と普遍的なかち価値観を守るようにと力説している。我々はこのようにして人権の重要性を再確認できる。また民主主義諸国の指導者達はアメリカの中に影響力を確保する経路を模索する必要がある。何よりも、トランプ氏とアメリカを同一視してはならない。イギリスのテレーザ・メイ首相はホワイトハウス訪問に当たってトランプ政権との強固な関係構築にとらわれていた。しかしイスラム教徒入国禁止への反応が鈍かったことで、イギリス国内ではトランプ氏への追従が過ぎると厳しい批判の声が挙がった。別にトランプ氏との衝突を推奨するわけではないが、この人物の大統領としての資質と正当性が非常に貧弱なことは銘記しなければならない。

 トランプ氏は第二次大戦終結以来米国で最も不人気な大統領であるばかりか、ヒラリー・クリントン氏より総得票が300万票も少ないという点で、前例がないほど正統性を欠く指導者なのである。いわば、彼のことをゲリマンダーの大統領と見なすこともできるのである。民主主義の政治家としては、トランプ氏はまるで訓練がされていない。メディアと司法に対する侮辱はその最たるものだ。彼は権力分立も法の支配もほとんど理解していない。トランプ氏には追従するよりも、民主主義諸国は彼の理不尽な圧力からみずからを守るためにもアメリカの中にファイアウォールを持つべきである。例を挙げれば、ジョン・マケイン上院議員はトランプ氏の暴言からオーストラリアを擁護した。またジェームズ・マティス国防長官は国家安全保障関係者の主流派の声を代表するためにトランプ政権に加わっているのである。(おわり)

No タイトル 投稿者 日時
4161 日中「雪どけ」楽観せず知日派・知中派確保を 犀川 幸雄 2018-05-25 09:59
4160 米朝会談中止の背景を探る 杉浦 正章 2018-05-25 06:36
4159 9条改正と民主主義について考える 船田 元 2018-05-24 10:09
4158 野党の「加計疑獄」狙いは不発に終わる 杉浦 正章 2018-05-23 06:29
4157 日本年金機構は誰のためのもの 赤峰 和彦 2018-05-22 11:41
4156 危うい日中関係改善 四方 立夫 2018-05-18 10:03
4155 米朝会談へ神経戦が最高潮 杉浦 正章 2018-05-17 06:24
4154 朝鮮戦争と日本の立場について 船田 元 2018-05-16 12:07
4153 今世紀最大の政治ショー米朝首脳会談 杉浦 正章 2018-05-15 06:29
4152 シリア危機と軍による危機抑制 袴田 茂樹 2018-05-14 14:50
4151 東アジア秩序再調整の幕開け 鍋嶋 敬三 2018-05-11 12:03
4150 日米欧は中露に対して共同対処行動はできるのか? 河村 洋 2018-05-10 18:48
4149 「反故(ほご)常習国」北朝鮮は軽々に信用出来ない 杉浦 正章 2018-05-10 07:07
4148 歴史的な南北対話について 船田 元 2018-05-09 13:17
4147 「小義」では崩せぬ安倍一強体制 杉浦 正章 2018-05-08 11:46
4146 新たな「トランプ危機」に備えよ 四方 立夫 2018-05-07 14:08
4145 非核化合意とは「金王朝維持の保証」 杉浦 正章 2018-04-28 06:14
4144 中国の脅威に目を向けよ 鍋嶋 敬三 2018-04-27 10:09
4143 深刻化するシリアの現状とその歴史を振り返る 山田 禎介 2018-04-26 16:38
4142 米朝首脳会談に画期的成果は期待薄 杉浦 正章 2018-04-26 06:09

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]