e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム
 「百花斉放」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
「米国第一主義」が生み出す世界秩序の空白   
投稿者:鍋嶋 敬三 (神奈川県・男性・評論家・70-79歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-01-31 10:55 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3791
 米国のトランプ新政権の発足(1月20日)で、理念なき「力ずくの外交」が始まった。議会承認の必要がない大統領令の連発、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱、中国、日本、メキシコなどの対米貿易黒字の批判である。メキシコ国境に壁を建設し、中東諸国からの移民入国を禁止するなどの排外主義をあからさまに示した。イスラム圏出身者の入国禁止に人種主義のにおいをかぎ取る人も少なくあるまい。米国自身が欧州とともに築いてきた民主主義、自由主義的な経済通商政策に基づく国際秩序を自ら壊す動きである。「トランプの米国」による「世界秩序の空白」からは何が生まれるのか?米国に代わりうる力のある国家は世界に存在しない。軍事的、経済的、政治的にも秩序の形成能力を持ち得ないからだ。先の見えない混乱の時代に突入するだろう。力の空白に乗じて、米国主導の世界秩序に不満たらたらだった中国、ロシアやイスラム過激派(IS)などの新興勢力が地域に浸透するだろう。

 トランプ大統領の出現を3ヶ月前までに予想した有力者はいなかった。「トランプ現象」はアメリカ民主主義の「鬼子」であるとは言えない。有権者の半分が支持した事実がある。「トランプ現象」は、労働組合を含めたワシントン・エスタブリッシュメントが社会に沈殿した不満をすくい上げることに失敗した結果である。ベトナム戦争は遠い昔としても、イラク、アフガニスタン戦争、先の見えないテロとの戦い、リーマン・ショックなどの金融不況に疲弊しきった米国民は、「世界を指導する米国」よりは「自分たちの米国」を求めたのだ。「ミーイズムの世界」である。

 ワシントンのブルッキングス研究所のR.ケーガン上級フェローは新政権発足後の論文で「トランプ氏の当選は米国が作ってきたリベラルな世界秩序を米国の大多数がもはや支持したくないとするシグナル」と分析した。この世界秩序は、米国の意思、能力、一貫性に依存してきたが、世界に果たす役割に必要なコストと困難を引き受ける国民の忍耐が「すり切れてしまった」のだ。トランプ流の「米国第一主義」は、米国の利益を「狭いレンズ」を通して見ることを求める。この結果、「同盟関係を支持する」とか、「長期的利益のため開かれた経済秩序を支持し、維持する」などは、もはや認めないというのだ。

 「米国第一主義」の副作用はこれから広がっていくだろう。多国間協調主義から二国間直接貿易交渉へ強者の論理がまかり通る。同盟関係も、より大きな負担が前提だ。米国による世界的指導力の放棄は世界の不安定の根源になる。そのこと自体が新たな秩序への序曲になれば、唯一の大国を欠いた世界の行方は混沌とするだろう。トランプ氏は「壊し屋」であるが、それに代わる新たな世界像は全く示していない。一般教書など三大教書でどれだけ説得力のある構想を外交、安全保障、経済運営について打ち出すのか、これも未知数である。安倍晋三首相は2月10日、トランプ氏と初の首脳会談を行う。自動車などの貿易問題と安全保障問題が焦点である。日米関係が日本外交の基軸であることには変わりはない。しかし、日米両国を取り巻く戦略環境はがらりと変わった。変えた主役は米国である。安倍首相は地殻変動を始めた世界の入り口に立って、その「地球儀俯瞰外交」戦略を立て直さなければならない。

No タイトル 投稿者 日時
4144 中国の脅威に目を向けよ 鍋嶋 敬三 2018-04-27 10:09
4143 深刻化するシリアの現状とその歴史を振り返る 山田 禎介 2018-04-26 16:38
4142 米朝首脳会談に画期的成果は期待薄 杉浦 正章 2018-04-26 06:09
4141 中東の火薬庫シリアが混迷を深める理由 船田 元 2018-04-25 10:33
4140 米朝首脳会談で東アジア情勢は激変する 赤峰 和彦 2018-04-24 12:34
4139 極東情勢で日米盤石の連携確立 杉浦 正章 2018-04-20 06:48
4138 (連載2)ネオコンに評価されないボルトン補佐官 ←  (連載1)ネオコンに評価 河村 洋 2018-04-19 10:26
4137 日米共同政策レポートに敬意を表する 四方 立夫 2018-04-18 18:10
4136 (連載1)ネオコンに評価されないボルトン補佐官 河村 洋 2018-04-18 03:42
4135 時々当たる飯島発の“解散風” 杉浦 正章 2018-04-17 06:12
4134 歴史的転機に立つ「非核化」 鍋嶋 敬三 2018-04-16 12:45
4133 (連載2)大統領選の大勝利で「ロシアは英国に感謝し ←  (連載1)大統領選の 袴田 茂樹 2018-04-14 09:24
4132 公文書と民主主義について 船田 元 2018-04-13 10:06
4131 (連載1)大統領選の大勝利で「ロシアは英国に感謝しなくてはならない」 袴田 茂樹 2018-04-13 10:03
4130 トランプ一触即発の状態でけん制 杉浦 正章 2018-04-13 06:07
4129 岐路に立つ民主主義 ←  「ポスト真実」を乗り切るために 新庄 はるか 2018-04-12 23:06
4128 「米中貿易戦争」安倍訪米の課題に浮上 杉浦 正章 2018-04-10 05:33
4127 (連載2)日本「ユーラシア外交」の変遷史と構造分析 ←  (連載1)日本「ユー 鈴木 美勝 2018-04-07 00:03
4126 「一帯一路」に潜むテロのリスク 山崎 正晴 2018-04-06 12:14
4125 (連載1)日本「ユーラシア外交」の変遷史と構造分析 鈴木 美勝 2018-04-06 12:11

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]