e-論壇「百花斉放」 e-論壇「百花斉放」 公益財団法人 日本国際フォーラム 公益財団法人 日本国際フォーラム

<前 | 最新次>    [ スレッド一覧 | タイトル一覧 | 投稿一覧]
米国の対日占領政策が大転換した瞬間
投稿者:奈須田敬 (東京都・男性・並木書房取締役会長・月刊「ざっくばらん」編集長・80-89歳) [投稿履歴]
投稿日時:2008-05-02 17:39 [修正][削除]
598/3903
 本欄「百花斉放」への筆者の前回(4月4日)投稿「マッカーサー元帥の“泣きどころ”をつかんだケナン」を書き終わって、つくづくマッカーサーとケナンにとって、さらにアメリカと日本にとって、この出来事が幸運であったことを、「運命の神」に感謝しないわけにはいかない。なぜか。もし、マッカーサーとの会見前に、ホテルのケナンの部屋にウィロビー情報局長が訪ねて来なかったら、そして二人の意見が一致しなかったら、そしてより基本的なことは、もしケナンがウィロビーでなく、ホイットニー民政局長(もしくはマーカット経済科学局長)に面会していたら、マッカーサーとケナンの会談はどうなっていたか。正直いって、誇張するようだが、筆者は「身の毛のよだつ」思いがする。なぜか。この連載でたびたび登場してきたウィロビー回顧録『知られざる日本占領』(番町書房、昭和48年)を、「奇跡の書」として高く評価しているからである。

 少しばかり同書の中味に立ち入るが、「GS(民政局)とG2(情報局)の対立」「GHQの“内線”」の二章を熟読すれば、GHQ(占領軍)の人事、思想、政策がどんなものであったかが、手に取るように分る。ウィロビーは冒頭、不愉快げに次のように回顧している。「東京時代の思い出が、私にとってすべてなつかしいわけではない。なかでも、GHQにおけるかつての同僚で、民政局(GS)の局長だった、いまは亡きホイットニー将軍との思い出は、残念ながら『なつかしいもの』とばかりはいえない。GSは、戦後日本の政治動向を把握して、これをアメリカが夢みる民主化の方向に導いて行く必要から、1945年の10月、マッカーサー上陸直後に設けられた、新しいセクションである」と。

 「戦後日本の政治動向を把握」することとは、占領下日本の政治、軍事、経済、教育の全般をコントロールし、アメリカの望む方向へリードしていこうという、いわば占領政策の中枢部門である。しかし問題は「アメリカの望む方向」の内容であった。GSの担当する諸部門のトップクラスには、ホイットニー(元弁護士)好みの人間が配置されたが、そこにウィロビーは疑惑の目を向けたのだ。「ホイットニーは、チャールズ・L・ケーディス大佐を次長に据え、国会課長にはウィリアムス、法規課長にはローウェル中佐を配し、(略)このように、彼自身はニューディーラーではなくとも、ニューディールの流れを汲む、かなり急進的なリベラリストたちを、多く起用していた。要するに、ホイットニーは“文化人”で、“かしこい男”だったのだが、私の目にはどうも容共主義者に見えて仕方がなかった」と。

 ドイツ生れで、16歳で渡米し、生っ粋の軍人として「アメリカの正義と真実に対して絶対の信頼を置いている」ウィロビーにとって、それを批判する“進歩主義者”やリベラリストたち、いわんや容共主義者は、「私の敵、アメリカの敵」と見なさざるを得ない。以上のように、表向きには問題化しないまでも、GHQ内部の対立、対決、“内戦”はしだいに「知る人ぞ知る」へ移行していった。吉田茂(白州次郎)ラインが、ウィロビー派にラブコールを送ったのもうなづけるし、カリスマ最高司令官マッカーサー元帥も、その出自からみて、ウィロビーに軍配を挙げる方向へ心の中では一歩踏み出していたといえようか。そこへ、腹心ウィロビーの巧みな誘導で、マッカーサーは「喜んで」ケナンと会う気になり、「夜の長い会見」を望んだ。占領政策大転換の瞬間であった。
スレッド表示 >>>この投稿にコメントする

投稿履歴 (投稿時のメールアドレスにより以下の記事が抽出されました)
No タイトル 投稿者 日時
685 (連載)ケナンの米占領政策批判( ←  (連載)ケナンの米占領政策批判 奈須田敬 2008-07-20 11:53
684 (連載)ケナンの米占領政策批判(1) 奈須田敬 2008-07-19 11:15
635 意気投合したマッカーサー元帥と「ソ連通」ケナン 奈須田敬 2008-06-06 19:58
598 米国の対日占領政策が大転換した瞬間 奈須田敬 2008-05-02 17:39
575 マッカーサー元帥の“泣きどころ”をつかんだケナン 奈須田敬 2008-04-04 10:17
513 ケナンとマッカーサー:対決から同志的関係へ 奈須田敬 2008-01-18 20:07
491 連載投稿(2)占領地域に忍び込む ←  連載投稿(1)日独の戦後復興を 奈須田敬 2007-12-20 21:02
490 連載投稿(1)日独の戦後復興をめぐるケナンの洞察 奈須田敬 2007-12-19 23:03
460 マッカーサーとケナンの対決 奈須田敬 2007-11-16 22:15
436 占領政策の転換:日本弱体化から日本復興へ 奈須田敬 2007-10-19 22:10
402 アメリカ対日協議会(ACJ)が果たした役割 奈須田敬 2007-09-13 17:38
383 日本と米国に訪れた国運の変化 奈須田敬 2007-08-23 18:24
357 グルー駐日米大使著『滞日十年』の希少価値 奈須田敬 2007-07-19 01:10
341 「本当の意味で知日家」グルー駐日米大使のこと 奈須田敬 2007-06-21 12:34
323 吉田茂『回想十年』について 奈須田敬 2007-05-24 19:02
304 占領下日本で行われた米ソ戦 奈須田敬 2007-04-26 10:33
287 新しい視点に立つ「占領研究」を 奈須田敬 2007-03-30 17:10
259 日米安保50周年の盛大な祝典を準備すべし 奈須田敬 2007-03-01 09:50

<前 | 最新次>    [ スレッド一覧 | タイトル一覧 | 投稿一覧]